トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > グランドピアノ

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

グランドピアノ

カテゴリー: 投稿日:2021年8月 3日

日本でグランドピアノを購入することを考える人って、音楽大学にいくようなレベルの人だと思います。
でもドイツでは、お金があれば、買ってしまうものなのかな、と思う事例に出合いました。


医者の家庭で、子供のために購入したグランドピアノが中古として売りに出されている、とてもいい状態、というのです。その子は、ピアノのレッスンを受けたものの、のめり込めず、やめてしまったのだそうで、きっとピアノはとてもいい状態なのでしょう。
黒いグランドピアノより、茶色のピアノの方が、埃も目立たないし、ということもあって人気が高まっているようです。そう、その茶色いピアノで185cmの長さ、理想的な大きさです。あはは、そうは言っても、わが家の居間にはかなり大きいサイズですが。


過去14年にわたってお世話になっているピアノの調律師さんに、グランドピアノが欲しいので、いい中古品があれば、ぜひ連絡くださいと私は実はお願いをしていました。
それが今回舞い込んできた、185cmのサウターというメーカーのものだったのです。

k-IMG_20210709_142246 - Kopie.jpg


これを機に、ちょっとグランドピアノについてもっと真剣に考えてみようと思いました。


まずは、知り合いの自宅にあるSchimmelというドイツのメーカーのグランドピアノを試しに行ってきました。

f0b388b1-2154-4833-8c94-2fd4a298dcf9.JPG

なんとも柔らかい。鍵盤は重いのですが、硬い重さでなく、柔らかい。エリーゼのためになど、とっても美しく響く。ドビュビッシーなんて、柔らかい音色が似合うような曲には最高!と思う一方で、私の好みはもっとトランペットのような、男性的な音なのです。フォルティシモ(非常に強く弾く)部分には物足りず、指先には力を入れてしまって、90分も弾いたら指が痛くなる感覚でした。
でも、自宅にグランドピアノがあって、蓋を開けて自由に弾けるなんて、本当に贅沢な話です。


ちなみに、彼がそれ以前から持っていたヤマハのアップライト(普通のピアノ)は、スッキリ男性的な音で、とってもよかった。私の好みの音でした。


わが家のピアノは、グロトリアン・シュタインウェイのもの。こちらも男まさりな、きりりとした音です。ドイツ在住の日本人コンサートピアニストの方に同伴してもらい選んだピアノですがとっても気に入っています。


中古のグランドピアノが欲しい私は、本当に欲しいの?ということを確認するために、2軒のお店に行ってきました。
まずは、ピアノ・メッツ(レーゲンスブルク西)。

Steinway & Sons という憧れの高級ブランドのグランドピアノも新品、中古を含め展示してあります。
19世紀のもの、または1920年台の中古でもかなりの値段。中古でも、価値が高いことには変わりがない、ということだそうです。これらは象牙の鍵盤です。


でも、私が興味あるのは、200万円前後の中古のグランドピアノ。
さて、まずはヤマハです。日本人が使っていたそうで、日本からの引っ越し時にドイツに持ってきたらしきグランドピアノ。

IMG_4795.JPG

私の耳に、グランドピアノとアップライトの音の違いがわかるかしら?と思っていたのですが、違う違う。即欲しくなる感じです。

IMG_4798.JPG

↑これが、もうひとつ気に入ったもの。ボストンというメーカーですが、シュタインウェイのメカニズムを持つ価格帯の安価なグランドピアノです。


せっかくの記念に、シュタインウェイのコンサート用のグランドピアノも弾かせてもらいました。新品です。

IMG_4803.JPG

これは、値段からも、大きさからも、購入を検討するという類のものではありませんが、普通、こんなグランドピアノを弾くことはまずありませんから、記念、記念。

IMG_4804.JPG

↑こんな感じでたくさん並んでいます。
メッツ氏自らが、最初にいろいろ説明をしてくださったあと、自由に弾かせていただきました。とてもありがたいです。
何度でも弾きにいらっしゃい。ピアノたちも喜びますから、とのこと。


さて、ピアノも系列があり、ピアノメッツはシュタインウェイを得意とするものの、ヤマハは品薄。
それでは、ヤマハを得意とする旧市街内にあるミュージック・ヴィッテルにも行ってきました。
実は予約を入れず、直接お店に行ったのですが、さあどうぞ、と快く迎え入れてもらいました。


まずは、店内にあるシンメルとヤマハのグランドピアノを試し弾き。
やっぱりヤマハはいいなぁと思う瞬間でした。こちらのグランドピアノは少し短めですが、音はアップライトとは打って変わるもの。さすがはグランドピアノです。

IMG_4807.JPG

レーゲンスブルクから高速道路A3に乗っていくとある、ペアスベルクというところにこのヴィッテルというお店の本拠地があり、こちらにはもっとたくさんのグランドピアノ(中古を含め)があるようです。


IMG_4808.JPG


ドイツの家庭のピアノ事情は、一度紹介したことがあります。
関心があれば、こちら (ドイツの家庭に置かれているピアノ)も合わせてご覧ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > グランドピアノ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について