トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナ関連】バイエルン州でのマスク義務について

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【コロナ関連】バイエルン州でのマスク義務について

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年6月24日

油断せずに警戒を続けるべきであるとは思いますが、コロナは過去の話と思うほど、感染者数が減っているドイツ。
ロバート・コッホ研究所の毎日更新している感染者数をみても、ドイツ全体でかなり感染者数が減ってきていることがわかります。


例えば、いつも見ている過去7日間の人口10万人あたりの感染者数平均値は、レーゲンスブルク市で5.2、レーゲンスブルク郡で8.2(2021年6月23日現在)となっています。
ドイツ全体で見ても、最もこの数値が高いところは、フランスの国境に近い地区ツヴァイブリュッケン郡で49.7。つまり50を切っていることになります。また、ドイツのあちこちに、その数値がゼロという地区もあります。)


今日(2021年6月23日水曜日)から、小学校(4年制です)では授業中のマスクの義務が解除されました。ギムナジウム(5~12年生)の体育の授業でのマスク義務も、レーゲンスブルク旧市街内でのマスク義務もしばらく前から解除されています。

IMG_3791.jpg

それにしても、コロナではマスクにも振り回されました。
マスクをしたこともないようなドイツ人ですが、マスクの入手が簡単でなかったことから、多くの人はマスクを手作りし、または作ってもらったりしていました。私もたくさん縫いました。そのうちに、お店にはあちこち布製のマスクが売られるようになりました。


そうかと思えば、FFP2マスクと呼ばれるものが急に義務づけられ、急がないと値段が上がるかもと慌てて購入する人がたくさんいたにもかかわらず、予想に反してその後もマスクは比較的安価で購入が可能。安いときは、1枚70~80セントくらいです。5回使ったらオーブンで殺菌、などと当時は言われていましたが、菌は死滅しても汚れてきますから、結局は捨てることになります。なんせ洗えないので、やはり不経済。
小売店にはいまだに、たくさんの布製マスクが売られていますが、いったい購入する人がいるのでしょうか?


自宅でもできるコロナの簡易テストは、すでにブログで紹介しました が、当時1箱€4弱だったものが、買う人がすでに減少しているのかいまでは€1を切る値段になっています。


ちなみに、ドイツでは長い間、学校の授業はオンラインで行われていましたが、全員揃っての授業がここ数週間前から再開。学校では成績はつかないけれど、みんなの学習進度を見るための小テストが抜き打ちで行われたりしたようです。数日前のニュースでは、オンラインの授業の成果は、休暇中と同じレベル、と表現されていました。つまり、勉強しているようで、していないのと同じレベルということです。
わが子供たちが通うギムナジウムでも、補習授業が特別に組まれ、成績の芳しくない子のうち、希望者が少人数制の授業を受けられるようになっています。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナ関連】バイエルン州でのマスク義務について

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について