トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > カフェ・ショリーのワットマルクト店で、久しぶりカフェ体験

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

カフェ・ショリーのワットマルクト店で、久しぶりカフェ体験

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年6月25日

コロナがちょっと落ち着き、やっと、カフェにでも出かけましょうか、という雰囲気になってきたレーゲンスブルク。
前回私が外食をしたのはなんと2020年9月。いまから8ヵ月も前のこと。そしてその前は、さらに3ヵ月前の2020年6月。
ああ、本当に外食が恋しかったです。
ということで、今日はお待たせ、「久しぶり」のカフェ情報です。


Cafe Jolie (リンク先は2018年7月に紹介した私のブログ記事、博物館近くの店舗です)2店舗あるのですが、Watmarktのお店ではどうやらおいしいホットドッグが食べられるらしい。ソーセージの国ドイツでは、アメリカ的なホットドッグはジャンクフードもいいところ、「おいしくない!」というイメージが強いようなので、要調査です。

IMG_3812.JPG


実はこの建物は、ゴシック建築のStadtburg、直訳すると町にある砦、城塞。そして兼住居として13世紀の前半に建築されたものです。1700年頃に隣接するゴリアートハウスに取り込まれる形でバロック化され、1777年に別離された建物で、重要文化財のひとつです。


このお店に来た理由は、どうやらおいしいホットドッグがあるからということでしたので、もちろんホットドッグを迷わず注文。
ホットドッグもいろいろな種類があるのですが、クラシック・ドッグ€3.90を食べてみました。

IMG_3802.jpg

店長さんの話では、実はこの7年間、ホットドッグ用のソーセージとパンをそれぞれこのお店のためだけに特注で仕入れているのだそうです。しかも、ゆでたのではなく、油を使わず3Dでグリル焼きにしたもので、ドイツ一おいしいんですって。本当かなぁ。Grillomax というメーカーのグリルを使っているようです(リンク先はGrillomax公式ウェブサイト、ドイツ語)。


そもそもなぜここでホットドッグ?と気になるところですが、この店長さん、ホットドッグが大好きで、こだわりを持ち続け、最初は自分用に作っていたものが、ここまで発展したというのです。なかなかおもしろい。
しかも、もっとすごいのは、ベガナー(ベジタリアンよりもう少し厳しく食糧を制限している人たち)用のソーセージ利用のものもあるといいます。見た目は違うけれど、味はかなり近いもので、値段は一緒というから私も機会があれば試してみたいとちょっと気になります。


もう少し話を聞くと、夫人はベトナム人。なるほど、そう言われてみると、壁のあちこちにベトナムの円錐形の帽子を被った人をモチーフとしたような絵が飾られています。そしてそれは、まさにその夫人が描かれたものだとのこと。
ということは、夫人は芸術家なのねと思うのですが、いやいやそうじゃないんです。ただ単に学生時代に描いたものなんだそう。

IMG_3810.JPG

へえ、じゃあ、店内のこの水槽は??と聞いてみると、それは店長の趣味。あ、そう。なんか建物と絵画と水槽、ミスマッチといえばミスマッチですが、個性といえば個性!? 「いまは、なんでも変だけど、なんでもオッケーっていう時代でしょ?」と店長さん(注 : 店長さん=経営者ではありません)。

IMG_3808.JPG

姉妹店と同じように、食材にはこだわりがあり、体にいいものしか取り扱わないというコンセプトは共有していますが、店長さんの個性も十分に打ち出されたものです。


カプチーノも、姉妹店と同じレベル。ちゃんとおいしいものでした。

IMG_3800.JPG


そして、店内にときどきケーキを焼くような甘い香りが漂ってくるんです。ああ、ここちょっと気になるところでした。この奥で焼いているのかなぁ。


残念だったのは、この日、気温もちょうどよく、雨の予想に反して太陽も十分出ていたのですが、テラス席が使えないとのこと。昔はここに小さな机が出ていたはずなのにと思ったのですが、店内は窓を大きく開けた状態での営業。仕方がないですね、私がここに滞在した1時間半ほどの間にもパトカーが2回も通り過ぎました。すると、やはりこの道の狭さでは無理かと(一番最初に掲載した写真をご覧ください。暗いですが、左端にちょうど1台の車が通っています。これを見ると、無理かなというのが伝わることでしょう)。


ちなみに、ここの経営者は最近2回にわたって紹介している「ディ・ビアオテーク」 のオーナーでもあります。


お店を出ると、あちこち広場や道路は机が並べられ、日傘が出て、大にぎわい。
いまの時期2、3人でカフェに行くのなら、ぶらぶら歩きながら、日当たりや交通量などを見ながら、雰囲気のいい場所を選ぶ方が正解かな、と思いました。


■基本情報


Cafe Jolie in der alt Stadt


・住所: Watmarkt 7


・営業時間: 日曜 9:00~18:00、月~土曜 9:00~19:00

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > カフェ・ショリーのワットマルクト店で、久しぶりカフェ体験

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について