トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ピルスの飲み比べ

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ピルスの飲み比べ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2021年6月16日

バイエルンで飲んで欲しいもののひとつがピルス。
これは、日本のラガービールに、ちょっとビターな(渋みのある)味のものです。
とはいえ、バイエルン州のピルスは一般にそのピルスらしい渋みが少ないのですが、ビール好きな日本人には受ける味だと思います。ピルスらしさが少ないということは、ヘレスに近い味ということなのですが、バイエルンで一般的なビールの量は500mlであるのに対し、ピルスは330ml(例外で500mlのものもあります)。


私はどの種類のビールもオールマイティーに好きですが(でも、銘柄によりおいしいおいしくないははっきりしています。ビールならなんでもいいというわけではありませんので悪しからず)、先日紹介したディ・ビアオテーク の店員さんいち押しのピルスを飲んでみました。

IMG_3392.jpg

Tilmans Biere (リンク先は公式ウェブサイトに独英と2ヵ国語があります)というミュンヘンで醸造されるビールです。


ビールのラベルの下に、「かなり渋みがあります!」 と書かれています。まず匂いが違う。ちょっと濁った感じ。
味はかなりホップが強く、私好み。
そういえば、この醸造所のロゴはホップです。


ウェブサイトでの紹介文をみてみると、Zitronig, fruchtig, leicht floral、つまり、レモンと果実と花の香り、と書かれています。言われてみればそうかも。これ、一般的なピルスと比べるとちょっと違うけれど、おいしい。いつも飲みたいか、と言われればそうではないけれど、ときどきだったら喜んでみます、という感じ。


それにしても、ラベルのイラストはかわいいですね。ビールのラベルにイラストレイターの名前がMichael Wiethausと書かれていました。調べてみると、こちらもミュンヘンの方のようで、ウェブサイト を見ると、「子供のときから絵が下手で、いまでも下手だけれども......と書かれていました。あはは。でもなんかかわいい、すてきなイラストです。


比較対象に飲んだのは、近所の酒屋で普段買うピルスの中では一番ピルスらしい味だと思うクルムバッハーのもの。これは500mlの瓶ですが、ピルス好きな私には悪くないビールです。

IMG_3389.jpg

とはいえ、比較対象がなくても、今日飲んだティルマンのビールはとっても特徴的。
また、おもしろいビールに出合ったら紹介したいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ピルスの飲み比べ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について