トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルク旧市街といえば、世界遺産。そこにある住宅街

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

レーゲンスブルク旧市街といえば、世界遺産。そこにある住宅街

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年6月14日

久しぶりに旧市街に出た私。たまたまレーゲンスブルク旧市街の西部の、普段は出かけない場所を通り抜ける必要があったため、ちょっと寄り道して知らない道を通ってみました。

IMG_3348.JPG

こんな建物がありました。Anton Ziegler Bau & Mobilschreinerと書かれています。
アントン・ツィーグラー、建設と家具職人。
へえ、そんなのがあるのかと現在もその企業が存在するのかネットで検索してみますが、見つかりません。この企業の後継企業、またはその名前を変えて存続している企業があるのではと期待したのですが。


住所を頼りに調べると、建築文化財としてリストに載っていました。
古い部分は1189年の建築、東側半分は13世紀のもの、16世紀および18世紀、そして1980/1981年に改築と記されていました。すごい、それってめちゃくちゃ古いじゃないですか。そんなに古い建物で、いままで注目していなかったものがあるなんて。
これぞ、レーゲンスブルクのすごさです。感激! そう、私はレーゲンスブルクが大好きです。いまでは普通に住居として使われているみたい。すごいなぁ。


興味のある方はぜひ行ってみてください。住所は、Lederergasse 1です。
この付近、とってもいい感じでした。レーゲンスブルクの町で迷子になるなら、こんな場所がいい!


なんでもない小道がたくさん交差していて、古い建物なんだろうなと思うのですが、普通の住宅街です。
場所は、アーノルス広場から北西、北はドナウ川まで、西はNaturkundemuseum(自然博物館)まであたりです。

IMG_3349.JPG

IMG_3350.JPG

今度時間のあるときに、ぜひぜひまたふらふらと迷子になりに行ってみたいと思います。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルク旧市街といえば、世界遺産。そこにある住宅街

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について