トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナ関連】先週の金曜日から緩和された規制

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【コロナ関連】先週の金曜日から緩和された規制

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年5月26日

身の回りの予防接種状況を見ると、40代後半から50代では1回から2回の予防接種を受けているのが普通かな、というレベルまできているようです。
ドイツでは、現在は16歳以上が予防接種可能ですが、12歳以上も接種ができるように現在調整中。


感染者数もグッと減って、レーゲンスブルク市では本日25日の過去7日間の人口10万人あたりの感染者数平均が45.7と50を切っているほか、ここしばらくその程度の数値を保っています。レーゲンスブルク郡で見ると、70ちょっと程度(ドイツ全体を見ると、先週木曜日の時点で、60の市や郡で7日間の感染者数平均が100以上だそうです)。


先週の金曜日から緩和されたロックダウン。
吹奏楽も10人までなら室内での合奏が可能、外なら20人までが可能。
プールやフィットネスも感染陰性証明または2回の予防接種済み証明などがあれば楽しめるほか、ホテルもビジネスのみの利用が可能だったものが、やっと観光目的でも可能になりました。


バイエルン州では、土曜日から2週間強のフィングステン休暇。バイエルンに住む人の72.9%は旅行をしない、ということです。旅行好きなドイツ人でこの数値はものすごく大きいと思います。


それでは、旅行を予定している人の行き先は?というと、


5.2%がバイエルン州内での旅行、
4.1%がバイエルン州以外のドイツ国内、
9.3%がドイツ以外のEU圏内、
3%がEU圏外への旅行。


さて、コロナの予防接種がまだ完了していない人は、陰性であることを示す検査が義務づけられている状況もあります。
レーゲンスブルクのど真ん中、ノイプファー広場でも、予約なしでほぼ毎日のように無料でできる検査があるようですし、例えば私の住む、レーゲンスブルクの北の郊外ラッパースドルフでも、予約は必要ですが薬局が無料で検査をしてくれるほか、長いこと空き店舗となっている、かつてのお肉屋さんの建物が、予約なく無料で行える検査会場となっています。
ずいぶん前からあちこちのお店(食料品などを普段購入するディスカウンター)でも、5回分の自己検査ができるセットが売られています。


ずいぶん緩和された感じはありますが、やはり日本に在住の皆さんで、ドイツに行きたくてうずうずされている方が気になるのは、大きなお祭りなどでしょうか。


秋(9~10月)に開催されるミュンヘンのオクトーバーフェストは2年連続で中止という発表がすでにされていますし、5月に開催されるレーゲンスブルクのマイドゥルトも、8月に開催されるシュトラウビングのゴイボーデンフェストも中止


9月1日以降の見本市、展覧会などはバイエルン州では開催される見通しです。


クリスマスマーケットは、いまのところ予定されているようです。
ニュルンベルクでは11月26日から、レーゲンスブルクでは11月22日からの開催予定。
ただ、これらはもちろん今後のコロナがどのようになるかによって中止となることもあり得るので、今後気にしてみておくべきテーマです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナ関連】先週の金曜日から緩和された規制

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について