トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルクから西へちょっとドライブ。お散歩

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

レーゲンスブルクから西へちょっとドライブ。お散歩

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年3月 5日

ここのところ、ずっといい天気が続いていましたが、この週末は気温もまた下がり太陽もあまり顔を出しません。
先週の日曜日にまだいい天気であった日の家族での小旅行を紹介します。
コロナ終息後でも、旅行者は誰も行かないような自然を、また一緒に楽しんでください。


そう、目的地はここ。ドナウを見下ろす場所なんです。

IMG_0674.JPG

とはいえ、歩いた先に何があるかは主人以外誰も知らない。
せっかくの太陽なのに、なぜ木陰をどんどん奥まで入っていくのやら。そんな疑問と格闘しながら歩く歩く。

IMG_0660.JPG

すると、1枚目の写真のような、上からドナウを見下ろすすてきな眺めの場所に出たのでした。
見晴らしのいいそこには、こんな岩(↓)があって......
岩は少し削られたりしていて、100%自然の形でないのですが、どの時代の人がここに細工をしたのやら。

IMG_0699.JPG

ここからは、船や電車の行き来も眺められます。(↓)

IMG_0681.JPG


数歩後ろへ下がると、ベンチもあります。(↓)写真のほぼ中央に、先ほどの削られた岩があるのです。


IMG_0702.JPG


帰り道に走っている車の車窓から、記念碑の撮影に成功しました。

IMG_0803.JPG

場所は、ドナウに沿って走るB16(という道路)、バードアプバッハ(Bad Abbach)という地区の南西2kmほどのところです。
ドナウの川がよくここで水位を上げ、大雨のときなどよく水浸しになったりしていたようです。また、寒い冬に例えば、1784、 1786、1789年には、水が凍って水位が上がり、ここを通ることができなくなったり。そのうち、1784年には、3~5mも水位が上がり、道路が通れるようになるまでに10日間にわたって作業が続いたそうです。
また、1786年の夏は5回も道路が水に埋まったというほど、とにかく人々を悩ませる場所であったようです。


実は、バイエルンの選帝侯であるカール・テオドールが自ら、この水位の問題を実際に見るために訪れ、岩を爆破して、道路をより高いところに造るために貢献しています。


(↑)ここに、ライオンの像が2体あります。一頭はドナウを眺め、一頭は道路の反対側にある、石碑を見ています。


かなりのピンボケで恐縮ですが、(↓)ラテン語が刻まれた石碑があります(1794年の石碑)。

IMG_0804.JPG

ちなみに、このカール・テオドールは、レーゲンスブルクの大聖堂脇にある「宮殿」(といっても普通の家にしか見えませんが)に10年ほど住んでいました。そしてそこにナポレオンも宿泊したことがあります。また、レーゲンスブルクの文化的な発達に非常に貢献した人で、その功績が見られる建物がいくつかレーゲンスブルクに現存しています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルクから西へちょっとドライブ。お散歩

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について