トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス関連情報】ホームオフィス義務化!

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【コロナウイルス関連情報】ホームオフィス義務化!

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年1月27日

ちょうど1年前の2020年1月27日、バイエルン州で初めてのコロナ感染者が確認されました。
そのあと3月中旬ごろから、人々の生活は本格的に変わり始めたのですが、今現在をあらためて見てみましょう。

まずは、2021年1月27日0時の時点での感染者数です(ロバート・コッホ研究所の数字です)。


レーゲンスブルクの感染者数は、(過去7日間の人口10万人当たりで)34.9人、レーゲンスブルク郡で38.1人とグッと落ち着きました。ここしばらくいい数字です。
バイエルン全体で見ると、チェコとの国境近くの町は、おおよそ200前後。
バイエルン州で、現在最も感染者数が多い地区は、バイエルン州北東(チェコとの国境沿い)にあるヴァンシーデル郡で、258.8人です。


州単位で見ると、メクレンブルク=フォアポンメルン州とベルリンを除く旧東ドイツとチューリンゲンで140~180人、ヘッセン105.0人、ザーランド108.9人と地図上では赤で示されています。
メクレンブルク=フォアポンメルン州はもともと感染者が少なかったものの、現在103.5人、ベルリンは90.3人と唯一旧東ドイツで100を切っています。
それ以外の地区は100以下であるオレンジ色です。


ホームオフィスが今日2021年1月27日から義務化


1月中旬現在、25%の人がホームオフィスをしているという数字が出ていますが、経営者側がホームオフィスが可能であるとした職種、業務に携わる場合、ホームオフィスが今日から義務づけられます。そして違反した場合は、3万ユーロ(日本円で約380万円)以下の罰金が科せられます。違反取り調べも簡単ではないとは思いますが、立ち入り調査もあるようです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス関連情報】ホームオフィス義務化!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について