トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 凍結防止にきゅうりのピクルスの液【バイエルン州発・おもしろニュース】

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

凍結防止にきゅうりのピクルスの液【バイエルン州発・おもしろニュース】

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年1月19日

レーゲンスブルクから車で1時間ほど南東に向かうと、ディンゴルフィング(Dingolfing)という町があります。
道路の凍結防止に普通は塩を撒きますが、きゅうりのピクルス製造家庭で廃棄される液を使っているというのです。

IMG_0086.jpg

ここでは、きゅうりのピクルスを作る工場で、年間1万7000トンものきゅうりのピクルスを作っています。ピクルスを作る際に余る塩水の量は、なんと1サイロ当たり、1万リットルにもなるのだそうです。このピクルスを作る際に塩を含んだ水を捨てることになるのですが、下水にそのまま流すのではなく、処理が必要であり、環境保護の立場からこのアイデアにいたったようです。
今朝のラジオのニュースで言っていたので、調べてみたら、なんと2019年からこのプロジェクトが始まっていたようです。
ピクルスを作る際に出てくる塩水の塩分は22%。それを道路に撒いても支障がないかの研究も進められ、問題がないことがわかっているそうです。

普段凍結防止に撒かれる塩1万トンが、これにより代替されるということです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 凍結防止にきゅうりのピクルスの液【バイエルン州発・おもしろニュース】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について