トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス関連情報】マスク関連、追加情報。

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【コロナウイルス関連情報】マスク関連、追加情報。

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年1月14日

火曜日に出されたマスクの規制についての続報です。


バイエルン州各地で、マスクに関する問い合わせ殺到、多くの主要なドラッグストアでは水曜日中にほぼ完売。


実際、私が火曜日にコンタクトを取ったレーゲンスブルク在住の日本人3人は、すべて火曜日中にインターネットでマスクを注文。さらに、ひとりは薬局でも即座に購入(ひとり最高で5枚までの購入が可能)。もうひとりは、ドラッグストアに行ったけれども在庫なし、とのこと。私も水曜日の夕方にやっとドラッグストアに行ったのですが(私の場合手もとに在庫が多少はあるので、様子見に)、あったけれど売り切れ、いつ再入荷するかはわからない)とのこと。


さて、ここからはそのほか地元のニュースで報道された、新しい情報です。


  • 収入が少ない社会的弱者には、郵送またはそのほかの手段で無料で支給される。

  • 販売は、ドラッグストア、薬局、インターネットのほか、来週末までにホームセンターでも行う。ドラッグストアではマスク1枚が€2~5。一部のドラッグストアでは、水曜日または木曜日に入荷予定。薬局では€3~9(枚数が増えると割安)で、在庫は十分に確保されている。インターネットでは€1~5で、義務化されるのはバイエルン州だけなので、価格上昇には影響しない、とのこと。
    ミルテンベルク市(Miltenberg)では市民に安価に売り出すほか、週末にはドライブイン形式でも20枚を€20で販売。

  • 着用義務の対象は15歳以上。商店の店員は着用義務はない。
  •  


  • 18日からの1週間は、違反取締で「見つかって」も、罰金は発生しない。

  • 指定されているFFP2-マスクは、バイエルン州経済相のフーベルト•アイヴァンガー氏によると、バイエルン州内で1日あたり5万枚が製造されており、今後値段が下がる見込みである、とのことです。

    記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

    吉村 美佳

    ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

    いっしょに読みたい 関連記事

    最近の画像

    画像一覧へ

    カテゴリーから記事を探す

    月別記事一覧

    特派員プロフィール

    ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
    名前:吉村 美佳

    吉村 美佳

    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    レーゲンスブルク特派員トップにもどる

    その他のドイツの特派員

    レーゲンスブルクを旅する

    その他のエリアから探す

    特派員募集中!

    日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

    レーゲンスブルク特派員トップにもどる

    トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス関連情報】マスク関連、追加情報。

    PC版で表示

    運営会社と個人情報保護について