トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス関連情報】予防接種(バイエルン州の場合)

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【コロナウイルス関連情報】予防接種(バイエルン州の場合)

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年1月21日

バイエルン州での予防接種申込みの方法など


ドイツでは、80歳以上、リスクのある人が優先で予防接種を受けることになっています。
電話での受付に加え、今週月曜日(2021年1月11日)より、すでにインターネット上での申込みも開始されているのですが、関心が高く、ネットでのアクセスも回線が悪くてできないこともあったりするようです。
まずは、70歳以上の人、またはリスクのある人、医療関係者のみが申込みをするように、とのこと。
問題は、ネット上での予約は、一つのメールアドレスにつき、一人しか申込めないということ。
たとえば、高齢の親を持つ人が両親に代わって二人分申込むということが不可能なのです。
つまり、新たにメールアドレスを登録するか、既にふたつ以上のアドレスを持つ親族が代わって、またはそのメールアドレスを用いて登録をすることになる、という不便さ(勿論、今までのように、電話でも申込みが出来ます)。


ただしこれは登録するのみであり、実際の予防接種の予定日は1月20日以降に、優先グループの順に割り振られます。


バイエルン州における予防接種を行う場所


バイエルン州で100箇所近くの予防接種を行う場所が例えば見本市会場などに設置されています。
レーゲンスブルク市には、2箇所、そのうち1箇所目は年に2回市民祭が開催されたり、サーカスなどが来たりする、ドュルト広場。もう1箇所は、市役所の別館です。


バイエルン州へのワクチン配達、実際の摂取者数について


1月21日の今日、予防接種に関する情報をニュースで探してみると、予定されていたワクチン(ファイザー、ビオンテック)が入手できないものもあり、たくさんの予約が取り消される結果となっているようです。
20日(水曜日)の予防接種開始に対し、15日(金曜日)になって初めて、予定されていたワクチンの数全てを届けることが出来ない旨連絡があり、19日(火曜日)の午後になって初めて配達される正確な数が分かった、とのこと。
たとえばミュンヘンだけででも、初日の予防接種の予定のうち1,000件をキャンセルする形になったのだそうです。


モデルナのワクチンは、すでに1月12日9,600本バイエルンに届けられており、来週14,400本、2月1日の週に36,000本、2月15日の週に106,800本が予定されています。


予定では、2月中旬までに、老人ホームなどの施設の住人及び、職員のうち、希望者は全員予防接種を受けることができる予定です。そのうち、ほぼ半数は既に摂取済み。


ドイツ全体では12月27日から、毎日予防接種が行われており、ロバート・コッホ研究所の報告では、累計1,297,730人が摂取済み。これはドイツ全体の人口比で見ると、1.51%に当たります。バイエルン州に限っては、人口の1.72%が摂取済みです。(1月21日現在)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス関連情報】予防接種(バイエルン州の場合)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について