トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス情報】レーゲンスブルクのコロナ信号がとうとう赤になりました

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【コロナウイルス情報】レーゲンスブルクのコロナ信号がとうとう赤になりました

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年10月22日

コロナ信号って何?ということですが、過去1週間の人口10万人あたりのコロナ感染者数の割合を示しています。

35未満-----------------緑
35以上50未満--------黄色
50以上100未満------赤


というものです。しかし、コロナ感染者数がさらに増えているいま、加えて100を超える場合に、濃い赤という信号も加わることとなりました。


そして、2020年10月22日0時現在のロベルト・コッホ研究所の発表によりますと、レーゲンスブルクの過去7日間の人口10万人あたりの感染者数が54.9となりました。


ちなみに、レーゲンスブルクでは、いままでのコロナ感染者数は39万2049人(そのうち死亡者数+9.905人)、そのうち前日比で+11.287人(そのうち死亡者数が+30人)となっています。





2020年10月21日の地元バイエルン州のニュース(バイエルン州 ミュンヘンに本部を置くドイツの公共放送局Bayerische Rundfunk)によりますと、過去1週間の人口10万人あたりのコロナ感染者数は、100を超える地域が以下、


ビルヒスガーデナー・ラント群 (262,44)
アウグスブルク市 (132,85)
ヴァイデン市 (131,02)
ミュールドルフ・アム・イン群 (120,82)
ロッタル=イン群 (113,58)
シュヴァインフルト群 (112,61)
シュヴァインフルト市 (112,30)
フュルステンフェルト群 (102,59)


そして、50を超える(赤)、または35を超える(黄色)が57の地区や市で、
そのうち赤であるのは、


レーゲン群 (94,30)
メミンゲン市 (92,97)
ミュンヘン 市(75,26)
ニュルンベルク市 (57,10)


です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス情報】レーゲンスブルクのコロナ信号がとうとう赤になりました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について