トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドレスデン観光 旧市街を歩いた!〜数学物理学サロン〜

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ドレスデン観光 旧市街を歩いた!〜数学物理学サロン〜

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年10月 1日

今回はいきなり写真からじゃじゃじゃーん!

IMG_7452.JPG

IMG_7447.JPG

IMG_7456.JPG

すてきな宮殿、ツヴィンガー(Zwinger)宮殿です。ドイツバロック建築の傑作と呼ばれているそうです。
ツヴィンガーというのは、もともと市の城壁を拡張した際に、以前の古い城壁と新しい城壁の間に生じた場所なのだそうですが、言われて見ると、ドレスデンの地図を見ると川の形状が面白いですね。
12世紀に形成されたドレスデンの城壁は、15世紀に拡張され、その際にこのツヴィンガーができたのだそうです。


そして、この宮殿の中にはなんといくつもの博物館が入っているんです。ですから、城に入るためには、博物館の入場料を払って入るわけです(庭は無料)。


二日間有効のドレスデン・博物館カード(Dresden Museums Card)を事前に購入しておくと、 16の博物館へ入館できます。€22とおトクです。


さて、タイトルにある、数学物理学サロンは、ドレスデン美術館(SKD)に属し、世界で最も重要で最古の博物館コンプレックスのひとつだそうです。
たくさんある美術館、博物館の中で、子供が興味を持ちそうなところ、退屈をしなそうなところ、という観点で私たちが選んだ博物館のふたつ目になり、それがこの城の中にあります。


結果から言うと、子供も楽しめました。
そして、博物館は好きだけど、博学でなく「薄」学の私でも楽しめるもの、そしてそんな私にもっとうれしいのが、博物館の建物も一緒に楽しめること。そう、とっても立派な造りなのです。それもそのはず、城ですからね。
展示の関係で、せっかくの太陽光線を遮るようになっていて、せっかくたくさんの窓があるのに庭も建物内部から見ることができないのが残念でしたが。


博物館に掲載許可を取ることができましたので、おすすめ博物館としてお知らせします。


IMG_7458.JPG

IMG_7462.JPG


下の写真左側中央にある、直径110センチもの大きな地球儀は、1872年のもの。

IMG_7475.JPG

天文学に関するいろいろなものが展示されている中、「地球儀」一つを見てもたくさんありました。


こちら↓は、アストロラーべ(独語 : Astrolabium))と呼ばれるアラビアやヨーロッパで中世に用いられた天文観測器械。円環上に刻まれた目盛りによって、二星間の角距離や星の高度などを測るものだそうです。

IMG_7464.JPG

1568年のものだそうです。
このように、知らない道具がたくさん。時間があれば説明を斜め読みでもして見てください。訳がわからない私のような凡人でも、あ!と思う発見があります。
例えば・・・

IMG_7481.JPG

これは、ブレーズ・パスカル 、そう、フランスの哲学者、物理学者、数学者、あのパスカルです。
パスカルの計算機、歯車式計算機です。(1650年)
写真撮影の角度が悪くてダメですね。ガラスのつなぎ目が邪魔していますが。
パスカルの名前のところにあるリンクは、日本語版ウィキペディアです。この記事内にも同じ歯車式計算機(1652年)の写真が掲載されています。


天文学的なものが多く展示されていましたが、堅苦しい難しいものばかりではなく、例えば天体の動きを自分で体験しながら学習することが出来るものもありました。コロナのこのご時世でも、それらを全て「体験」できるようになっており、すべての体験スポットの脇には、消毒液が完備されていましたので、非常にありがたいサービスです。博物館嫌いな息子達も一生懸命体験をしていました。そんな意味で、子供連れにもオススメです。



Mathematisch-Physikalischer Salon 数学物理学サロン


公式ホームページ(日本語) https://www.skd.museum/ja/visit/数学物理学サロン/


ツヴィンガー宮殿の公式ホームページ(英語)
https://www.der-dresdner-zwinger.de/en/home/


住所 Residenzschloss, Taschenberg 2, 01067 Dresden


開館時間 火〜日曜日、祝日 10-18時(最終入館時間17時半)


入館料 大人9€、16歳以下無料、家族チケット14€

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドレスデン観光 旧市街を歩いた!〜数学物理学サロン〜

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について