トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルクでフランス料理を食べるなら「オルフェ」

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

レーゲンスブルクでフランス料理を食べるなら「オルフェ」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年9月27日

旧市街のど真ん中、とってもいい場所、すてきな路地にあるのがこのオルフェ。Orphee

IMG_8772.jpg

1週間ごとに変わる平日のランチメニューが11時30分から14時30分まで、€22.50で楽しめます。
内容は、前菜(3種類から選択)、メイン(3種類から選択)、デザートとハウスワイン(白か赤を選択)、250mlのミネラルウォーター(炭酸かどうか選択)、エスプレッソ、カプチーノ、マキアート、コーヒー(ワインの代わりにビール「ヘレス」も洗濯可能、その場合は、ミネラルウォーターなし)。


IMG_8784.JPG

私はランチメニューを頼みました。

まずは、前菜。マグロのムース、赤玉ねぎとケッパー添え(Thunfischmousse mit roten Zwiebeln & Kapern)
マグロというか、ツナ缶でしょうね、このお味は。でも、おいしい。

IMG_8773.JPG

口の中で滑らかに広がる味、とっても贅沢な瞬間です。こんなのを真似して、結婚記念日などに食べるといいな、とか思いました。


メインはタラ(大西洋ダラ)のセビチェ(南米のお刺身にレモン汁とコリアンダーで味つけしたもの)、ナツメヤシの実とマヨネーズ和え(Kabeljau-Zitrusseviche mit Dattel-Couscous & Mayonnaise)
IMG_8778.JPG

セビチェは私はもともと大好きなのですが、これは、あまり「生魚」の主張がなくて、非常に濃厚な味わい。私には少し赤玉ねぎが多すぎる感じはありましたが、とってもおいしかったです。クスクスも緑色で仕上がったものは初めてです。ミントが混じっていて、すっきり爽やか、それがセビチェと合わせるととてもいい感じです。本当においしかった。これ、私もぜひぜひ真似をして作ってみなくては!


デザートは、ブルーベリーとフレッシュチーズのクリーム(Blaubeer-Frischkäsecreme)

IMG_8783.JPG

これは、私には少し甘すぎました。お腹いっぱいでこの甘さだったので少しきつかったです。
同席の人たちも、デザートは甘みが強かったみたいですが、お腹いっぱい食べていなければまたその味わいもそれはそれでおいしかったのでは?と思います。


カプチーノは、ミルクがきめ細やかで最高。とってもおいしくいただきました。これなら、カプチーノを飲みに来るだけでも十分満足がいく味です。
観光で疲れたときに、ふとお茶をしに出かけるといいですね。


IMG_8780.JPG


クリームブリュレもおいしそうでした。平たいお皿でお砂糖をキャラメリゼした、贅沢な一品。表面積が大きいだけに、そのキャラメリゼを楽しめる部分が大きく、見るからに魅力的でした。


12時30分過ぎに来店し、ゆったり15時過ぎまで過ごしましたが客足が途絶えず。コロナの時代にこれだけ満席というのはいいものかしら?との疑問はありますが(数少ないテラス席はあります)、決してお安いお店ではないのに大繁盛。


ちなみに、ランチメニューでないと、メイン料理が一品€17から€29くらい。食べ残しても、お願いすると持ち帰り用の入れ物に入れてくれます。少し高級なお店でそのようなサービスは無理なのでは?と思ったのですが、さすが合理主義のドイツというか、嫌な顔ひとつせず対応してくれました(手提げの袋には入れてくれませんので、エコバッグなどを持参されると便利ですね)。


でも、私は、完食、完食です!



■レストラン オルフェ


・住所: Untere Bachgasse 8


・URL(英語): https://hotel-orphee.de/en/restaurant


企業の方の接待などでも使われるお店のひとつだと思います。メニューには、ドイツ語も併記されているので特に問題はありません(英語はないので、フランス語かドイツ語が必須です)。


または、個人でそんな高級なお店に行くなんてと敬遠される方、学生の方などなどへ、実はここには大きな秘密もあるんです。
スタンドバーでは、非常に安価でおいしいものが飲めるんですよ。
赤ワインや白ワイン、ビール、シャンパンと、数年前の料金ですが、シャンパンが€2.50、それ以外が€2ですべてがおいしいんです。
音楽仲間に時間つぶしに連れて行ってもらって以来、私も一時期、機会があるごとに行っていました。
さすがにコロナの影響でしばらく出かけていませんが......。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルクでフランス料理を食べるなら「オルフェ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について