トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 三位一体教会の工事について

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

三位一体教会の工事について

カテゴリー:お知らせ / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年8月15日

レーゲンスブルクにあるプロテスタントの教会、三位一体教会は、南バイエルンで最も古いプロテスタントの教会です。
実は先日のお墓についての記事の最後でも、こちらの教会について少しだけ触れていますが、今日はこの教会の工事の見通しについての情報です。


dek_gerust.jpg

2018年5月から建物が完全に足場に覆われて、建物そのものが外部から見ることができませんでしたが、これが今週頭(2020年8月10日)から完全に取り除かれました。
ただし、工事が終わったのではなく、まだ完成の見通しは立っていない状態です。
目標とするのは、2031年に建築400周年を祝うまでに、ファサード(建築物の正面部分のこと)を完成させる、ということですから、あと11年。先がまだまだ長いですね。


実はこの教会、約10年前に私がガイドの勉強をしていたとき、ここのプレゼンの担当として割り当てられ、ガイド仲間と先生を相手に私が案内した教会なんです。


この教会について、すでに2回記事を書いていますが(かなり内容ダブっています)、よろしかったら参考までにどうぞ。内部の写真も見られます。




2017年10月の記事 三位一体教会


こちらには、お墓の写真も1枚掲載しています。


......パイプオルガンは、18世紀のもの。ただし、核となる部分は19世紀のものと交換されています。2018年中には、ヨハン・セバスチャン・バッハの生誕333周年を記念して、新しいパイプオルガンとなる予定です......




2018年3月の記事 30年戦争中に建てられた、三位一体教会


今回の2018年5月から足場で覆われる直前の、かつ、内装工事が終わったばかりの段階で書いた記事です。
記事の中で、塔に登れることを紹介していますが、教会そのものが工事中でも、塔に登れるようになっているはずなので、ご自身で確認してください。


......最近、数年かけて内装も修理し、今ではまた美しい姿を一般に見せてくれていますが、教会内の机や椅子はオリジナルのまま。木製の椅子は、虫食いなどの被害がひどかったようですが、修復の際にオリジナルを保つことに力を入れたようです。


......(中略)......


この教会は、ふたつの塔を持っていますが、南側の塔は完成していません。北側の塔には、3月の最後の週末から、10月最後の週末まで登ることが出来ます(12時以降、€2)。
中世の町並みを残すレーゲンスブルクを見下ろすことができる、数少ないスポットのひとつです......

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 三位一体教会の工事について

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について