トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドイツ在住の方、必見!アサヒスーパードライ販売、今日・明日のみ!

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ドイツ在住の方、必見!アサヒスーパードライ販売、今日・明日のみ!

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2020年8月14日

ディスカウンター、アルディ(Aldi Süd)にて、今日アサヒビールが販売されています。
330ml缶が89セント(約113円、ただしデポジット/Pfandがそれぞれに25セントかかります)です。
わが家の近所には、まだ1箱24缶入りで4箱弱ありました(もちろん1缶単位で買えます)。
売り場は今日売り出しのアジア関連商品コーナーです。

IMG_7123.JPG

IMG_7124.JPG

でも、売れ残ったら、月曜日にもあると思います。
(今週は土曜日が一部都市では祝日になります。祝日の場合、お店ももちろん閉まっていますが、それ以外の地区は、土曜日の明日も通常通りお買い物ができるはずです。
聖母の被昇天(マリア・ヒンメルファート)で祝日なのは、ザールランド州全域とバイエルン州のミュンヘン、アウグスブルク、ヴルツブルク、レーゲンスブルク、インゴルシュタット、オーバープファルツ県とシュヴァーベン、ウンターフランケン地方の大部分です。




追記(2020年8月15日)
レーゲンスブルク在住の日本人の方数名から、そのあと連絡をいただきました。
Weichser Weg 32 と Balwinusstraße 2(Kirchmeierstraße) のお店では売り切れとのことです。


私も地元レーゲンスブルクを代表するシュピタール(Spital)のヘレスと飲み比べました。
アサヒスーパードライの方が少し赤みがかった色です。

IMG_7137.JPG

味は、非常に似通った感じがします。
ドイツ人の主人は、確かに「ドライ」だ! 後味がスッキリしている、とコメント。正直、私の舌ではどっちがどっちかよくわかりませんでしたが、おいしい。
つまりは、日本人に、わがレーゲンスブルクのビールはおいしい!ということなのです。というか、だから私もシュピタールのヘレスが好きなのかもしれません。


ちなみに、今回購入したアサヒスーパードライは、イタリアで製造された(バーコードが80始まりです)ものをドイツの会社が輸入したもののようです。
気になってアサヒビールのウェブサイトやウィキペディア、経済関係のネット情報などを斜め読みしてみました。
ヨーロッパの認知度が高いブランドとのシナジー効果を狙いつつ、ヨーロッパでのアサヒスーパードライの認知度を高める作戦に出ているようです。



ヨーロッパ事業については、伝統のあるイタリアの「Peroni」、オランダの「Grolsch」と、英国のクラフトビール「Meantime」、及び英国における酒類販売会社を2016年10月に買収し、加えてグローバルブランドとして確立しているチェコの「Pilsner Urquell」をはじめとした中東欧5ヶ国(チェコ、スロバキア、ポーランド、ハンガリー、ルーマニア)のビール事業会社を2017年3月に買収しました。これらの事業の将来に渡る成長と、アサヒブランドとのシナジー創出を目指します。
(アサヒグループホールディングス株式会社ウェブサイトより)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドイツ在住の方、必見!アサヒスーパードライ販売、今日・明日のみ!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について