トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルクの無人売り場の切り花を楽しむ

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

レーゲンスブルクの無人売り場の切り花を楽しむ

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年8月13日

ドイツの郊外を車で走っていると、ときどき自分で花を摘んで持ち帰る無人の売り場があります。
値段は良心的で、大きな庭がないけれど花を楽しみたい、または友達の家に遊びに行くときに、立ち寄って摘んで行く、など気楽に楽しめます。

IMG_7101.JPG

私は、高齢の夫婦であるご近所さんと毎日のように会話をしたり、買い物代行をしたりしている生活が続いていますが、今回は、グラジオラスが妙に欲しくなったとのことで、7輪の花を買ってきてくれと頼まれました(もちろん、「たいへんだったら無理にではないけど、もしよかったら」という口調です)。
最寄りの切り花売り場までは、自転車で気楽にいける距離。午後に雷雨が来る前にささっと行ってきました。


そこには、値段リストがあり、ヒマワリ60セント(約76円)、グラジオラス70セント(約89円)、ダリア40セント(約51円)となっています。


例えば狭い庭先でヒマワリを育てていても、せっかく頑張って咲いた花を切って花瓶にさすのは、私は不憫でなかなかできませんが、それだけに、この値段で気楽に買えるのであれば、うれしいですね。


ちゃんと、奥の方にありました。グラジオラス。
よかったぁ〜。

IMG_7105.JPG

無人の売り場ですから、お金を入れる場所があり、小さな果物ナイフみたいなものが2本置いてありました。
一部枯れてしまったもの、または茎がぐにゃぐにゃに歪んで美しくないものもありましたが、ドイツ人はマナーがある人種なのでしょうね。ちゃんとお互いを尊重し、花を踏みにじったりする様子もなく、ナイフも使用後は返品し、という姿勢が成り立っているようです。


花も咲き加減が微妙に違い、グラジオラスに限っては、今日は、ピンクや紫系が多く、白や黄色、濃い青や濃い紫はこれから(蕾ばかり)という感じでした。


注文されたのは7輪でしたが、せっかくなので私も一輪。

IMG_7114.jpg


ちなみに、春先の花チューリップや水仙は30セント(約38円)です。
ドイツにいらっしゃったばかりの方でも、これならドイツ語は不要ですから、気楽に購入できると思います。ちなみに、値段リストのところには、花の写真と名前がわかるように掲げられていました。


帰り道は、違う道を選んで走ったら、たくさんのヒマワリ。

IMG_7112.JPG

実は往路もトウモロコシ畑の周りにヒマワリがたくさんありましたが、すてきですね。あんなに背の高い花なのに、流石にトウモロコシには勝てません。でもあの元気な色合いはたまりません。私はヒマワリが大好きです。


わが家の狭い庭にも、リンゴや梨の木がありますが、そろそろ収穫できるものもあります。
道中こんな風景も。

IMG_7109.JPG

のどかですよね。これが、私が今日昼食後さささっと出かけて30分以内で帰宅した際に写した近隣の風景です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルクの無人売り場の切り花を楽しむ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について