トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 吹奏楽器ファン必見、良心的な修理とアドバイスを受けられる場所プライショル

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

吹奏楽器ファン必見、良心的な修理とアドバイスを受けられる場所プライショル

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2020年7月 9日

レーゲンスブルクから車で30分ちょっと、シュトラウビングに行く一歩手前にあるアッティング(Atting)という町にある創業30年の作業場。いろいろな人がすすめるので、なんか遠いなあと気乗りしないものの、行ってみることにしました。


2020年の今年で創業30周年だそうです。オーナーはチューバやトロンボーンを吹く見上げるような体格の大男でした。B&Sのセレクションショップ、三共のフルート取扱店、などなどの肩書きを持つお店で、ニーダーバイエルン県やオーバープファルツ県で唯一のメルトンのチューバ取扱店であり、かつ同地区で唯一のフルート、トランペット、サックスのヤマハプロカスタムショップなのだそうです。

IMG_6433.JPG

一階の入口を入ってすぐにひとつだけ事務机があり、そこが所謂受付になっています。
今回は、ふたつのトランペットの修理に出かけました。
そのうちひとつはピストンが引っかかり、何を対応してもどうにもならなかったのですが、どうやら曲がっているとのこと。思い当たることはないのですが。機械を使った大修理とのことで、なんと2万5000円くらいとの宣告。


一方、凹みの修理をお願いした別の楽器は、簡単に修理できる場所ですが、かなり大げさに凹んでいたので心配していましたが、そちらは3000円程度とのこと。


また、フリューゲルホルンの気になることがふたつほどあったので質問したら、さすが専門家、納得のいく説明を受けました。解決法はこうだけど、今やると新しいだけにもったいない。などなど、無理矢理すすめようとせず、納得のいく説明を受けました。


この楽器はまだ新しいから(はい、実際買って1年とちょっとです)とか、とってもいい楽器だね(はい、私の技術にはもったいないくらい高価な楽器、ヤマハのカスタムシリーズです)とか、さすがすべてお見通しです。


予定はしていなかったのですが、フリューゲルホルン用の自分に合うマウスピースが欲しいと思い、アドバイスをお願いしました。
すると2階へ通され、どういう音が出したいか、今現在何が足りないのか、ということを質問され、それと私の唇の厚みにあったものということでいくつか出してきてくれました。きちんとした説明のもと、私が次々に試すマウスピースの音を聞きながら、これまた非常にドンピシャ、私の演奏の弱みをすぐに見極めてくれるではないですか。いつも先生に注意される部分を的確に突かれ、本当面目ない。そんな感じ。さすがはプロですね。


楽器販売の部門では、400もの楽器を常備しているのだとか。これだけあれば、満足いくものが見つかるでしょう。

IMG_6431.JPG
IMG_6430.JPG

レーゲンスブルクの町なかのお店に行ったところで、こんな的確なアドバイスはもらえません。
非常に納得しました。(車の運転が大嫌いなので)ちょっと遠いのが気になりましたが、本当行ってよかった。


ついでにトランペット用のマウスピース(唇に直接当たる部分で、楽器を買うと標準のものが付属としてあるものの、より自分に合うものを求めて人によってはいくつも試して買います)も買い、2本で€130弱、1万5000円も支払うことになりました。まあしょうがないですね。いいトランペッターになりたいので、これくらいは投資、投資。


場所もわが家から40kmほどの距離ですが、高速道路または州道を使って非常に行きやすく見つけやすい場所です。
幹線道路から住宅街に入ったかと思うとほんの数百メートルで到着。


「旅行者」の立場ではここに来ることはないでしょうが、バイエルン州在住の日本人の方、おすすめのお店です。もちろん、楽器を宅配してもらうこともできます(特に高級な楽器を使っている方には好まれないでしょうが)。


【追記】その後予定通り10日ほど経ってから修理が終わったとのことで取りに行きました。その際も、また気になることをいくつか質問したら、120%満足のいく回答をもらいました。これで私もトランペットの雑学、ばっちしです。そして、完全な状態に戻った私の大事なトランペットは、新品以上に輝く形で手に戻ってきました。すると、音の出もいいものですね。びっくり。受け取り時にも、楽器を褒めてもらったので、一体どういうことかと質問したところ、なんと購入価格の倍くらいの価値があるとのこと。楽器をもっと大切にしたいなと改めて感じました。
それにしても、このお店の人は、お話が上手い。説明もわかりやすい例えを用いてくれるので、非常に納得。吹奏楽器の修理、購入は、私には、もうこのお店しかありません。それくらい納得を与えてくれました。(追記、2020年7月20日)


Pleischl Art e.K.


・URL: https://musikpleischl.de


・住所: Hauptstraße 51, 94348, Atting


・営業時間: 月〜金 8:00〜18:00、土 9:00〜13:00


ご参考まで、ヨーロッパ最大の楽器屋さんトーマンについても、こちら でご紹介しています(2019年3月)。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 吹奏楽器ファン必見、良心的な修理とアドバイスを受けられる場所プライショル

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について