トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > コロナ時代の夜の広場、カフェ・アントン

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

コロナ時代の夜の広場、カフェ・アントン

カテゴリー:夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2020年6月30日

なんてすごいタイトルですが(笑)、私の生活も少しずつ正常化してきています。
小規模での音楽活動も可能となり、私がトランペット関連で所属している3つの団体のうち、音楽学校に所属するビッグバンドの練習もこの月曜日から4ヵ月弱ぶりに再開しました。
とはいえ、一室に15名が上限となるので、今回はトロンボーンなしでの合奏ということに。
そして練習後、なんとなく向かいの広場で飲むことになりました。ちょっとドキドキ。


そこは、ビスマルク広場。
2019年6月3日に、月曜日の21時に賑わう場所は・・・ というタイトルでご紹介していますが、まさに、月曜日の21時過ぎ、そこに久しぶりに立ち寄ったわけです。

IMG_6058.JPG


席に着くと、注文を取る前に、名前と電話番号を書かされました。一世帯で最低1名は書かないとダメだそうです。感染者が出た場合に連絡が取れるように、ということのようです。
椅子に化繊というか、ビニールっぽい素材のクッションがありましたがその理由がわかりました。お客さんが退席したあとに、机だけでなく、椅子もクッションもちゃんと消毒しているんです。
ちゃんと徹底していて、安心感を与えました。人手はけっこうありましたよ。景気が悪いという印象は一切ありませんでした


私はヘレスという種類のビールを頼みました。出てきたのは地元シュピタール醸造所のものです。€3.4だったと思いますが、味が普段家で飲み慣れているビールと違ってコクがあるというか、深みがあるんです。これって樽から入れたものじゃないかな、と思うのですが、値段も少しお高めですし可能性は大だと思います。ちょっと質問しそびれて残念。


ちなみに、ここは、ハウス・デア・ムーズィーク(Haus der Musik)という音楽学校内にあるカフェで、アントンというお店です。

Café Anton


・住所: Bismarckplatz 1


・営業時間: 9:30〜23:00(金曜日と土曜日は0時までの営業)

警察が若者をコントロールするために出回っているのは知っていましたが、その日も飲み終わった22時頃、旧市街を自転車で通り抜ける際にパトカー3台に遭遇しました。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > コロナ時代の夜の広場、カフェ・アントン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について