トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドイツといえばジャガイモ料理。ドイツ風マッシュポテト。

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ドイツといえばジャガイモ料理。ドイツ風マッシュポテト。

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年6月10日

ジャガイモを茹でて、潰して!というあのマッシュポテトなのですが、今日はドイツ風に作ってみましょう。
必要なのはジャガイモ、玉ねぎ、パン粉、油、砂糖、バター、塩、ナツメグ。


作り方です。


1)まずはジャガイモを皮ごと、圧力鍋に入れ、20分、圧をかけて蒸します。


2)その間に、玉ねぎを粗みじん切りにします。炒めるのは鉄のフライパンが理想ですね。
  油をひいて、お砂糖を少し入れて、しっかり飴色になるまで炒めます。

IMG_5738.JPG

IMG_5740.jpg

3)パン粉を別に、バターをひいたフライパンで軽く炒ります。


4)ジャガイモが茹で上がったら、皮を剥きます。
  このとき、(右利きの人は)左手で、ジャガイモにフォークを刺し、
  右手で(食事に使うタイプの)ナイフを持ち皮を剥きます。
  茹でたてでも大丈夫。ドイツ人はすごい早いですよ、剥くのが。
  慣れているんですよね。


5)皮を剥いたジャガイモを大きめのボールに入れて、バターと牛乳を入れ、
  フォーク、またはジャガイモを潰す専用の道具を使ってジャガイモを潰します。
  ナツメグとお塩を入れて、味を整えます。


IMG_5748.JPG

↑このマッシャーは便利ですね。わが家では以前はいつもフォークでジャガイモを潰していましたが、これがあると簡単。


IMG_5741.jpg

↑あはは、あまりおいしそうな写真じゃないですね。
わが家の料理ですから、仕方ないです。そういうこともあります(苦笑)。
しかも、本来ならお肉の横に盛り付けるものでしょうが......。


IMG_5742.JPG

↑ミディアム・レアに焼きあがったおいしい牛肉。手抜き晩ご飯も、これで豪華になります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドイツといえばジャガイモ料理。ドイツ風マッシュポテト。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について