トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドイツ→日本、どうしても日本へ行かなければならない方のための情報です

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ドイツ→日本、どうしても日本へ行かなければならない方のための情報です

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年6月 6日

日本は現在、入管法第5条1項14号に基づき,特段の事情がない限り,ドイツからの渡航者などを含め、当分の間上陸を拒否しています。


ただ、実際に必要に迫られ、帰国を計画している人にとっては、たくさん不安なことがあると思います。
旅行ではなく、本当に必要に迫られた理由がある方も、多少なりともいらっしゃることでしょう。
レーゲンスブルク在住のKT氏が、5月下旬に日本へ行かれた際の貴重な情報を頂戴いたしましたので、これを機に、私も「帰国」を計画している人の立場で、いただいた情報を検証しながら、こちらにまとめてみることにしました。


私は、普通ミュンヘンから東京(羽田)まで全日空の直行便を利用しています。普段は毎日運航されていますが、公式ホームページで確認しましたところ、当面の運航の予定はありません。そうなると、フランクフルト発着を利用することになります。


今回具体例として見ていくのは、全てKT氏の帰国(5月26日にフランクフルト空港から日本(羽田)へ)をもとにしています。
(ご本人の承諾を受けて、こちらのブログに掲載します)

f_flüghafen.jpg

↑フランクフルトの国際空港の様子です。座席使用制限のためのテープがあちこちに貼られています。 ©️TK


※ ちなみに、逆の立場、ドイツへの入国については、
EU域外国境に関しては,第三国からの入国制限を6月15日まで行なっています。
EU域外国境は、第三国からの入国制限が6月15日までなされている状態です(=緊急の渡航理由がない限り、制限されている)。

m_flueghafen01.JPG

↑ミュンヘン空港の免税店 ©️TK

m_flueghafen02.JPG

↑ミュンヘン空港 ©️TK


搭乗時の様子と流れ (ほぼご本人の原文です。)


1.ミュンヘン発のANA便が運休の為フランクフルト発羽田着便に搭乗。約60名。
  ※ブラジルからの帰国者が結構いました。理由はブラジル→米国→日本が運休のため、
   大西洋を渡りフランクフルト経由で帰国。おおかたブラジル発のよう。
  ※外国のパスポートを持った外国人が10人程(入国制限外の国からの人?)いた。
   (補足 : 入国制限国からの外国人は、原則入国拒否となる)


2.羽田空港に到着前に機内で、質問表と申告書をCA(キャビンアテンダント)から手渡され記入。


3.搭乗者全員が下りてから、一室(搭乗ロビー)に集められ、検疫官から説明を受ける。
  ※陽性の場合直ぐに、陰性の場合は約2日後に電話連絡との説明(3日後に陰性のメールが届いた)。


4.3つのグループ順に受付開始。
  1)家族連れ、お手伝いが必要な方
  2)公共交通機関を使わずに自宅などに待機出来る方
  3)ホテルに待機する人


5.場所を替えて、細長い綿棒を鼻の奥に差し込み検体を採取。
  (自衛隊の方がビニールの防護エプロンを着て)
  2分程度。


6.滞在国を再度聞かれ、COVID-19滞在歴ありの紙を受領し、通常の入国自動ゲートへ。


7.バッゲージクレームでは、地上係員が全ての荷物を置いて、カートにまで乗せて整理(感謝)。


8.入国審査。


飛行機を降りて、トータル30分程度、とあっという間だったそうです。




入国時に提出する書類など


機内でCAが配布した二つの書類から見てみましょう。


まずは、質問票(フォーマットの作成日 2020年5月16日)です。

kt001.jpg

氏名、国籍、性別、生年月日、到着月日、パスポート番号、日本での住所、連絡先など、
過去14日以内で、発熱やせきなどの症状がある人との接触がありましたか。
過去14日以内に感染した患者と接触していますか。(可能性がありますか)
体調に異常がありますか。
症状はどれですか。(発熱、咳、倦怠感、その他)
解熱剤、かぜ薬、痛み止めなどを使用していますか。
日本国内に居住されていない方は、日本での滞在先や期間などについてご記入ください。
など


そして、申告書です。

kt002.jpg

「私は、下記の自宅またはホテル等の待機場所において、入国した次の日から起算して14日間は同場所で待機し、以下のように行動します。」という書き出しです。


下記の場所(自宅・ホテル等 待機場所)から外出しません。
公共交通機関を使用しません。(不特定多数が利用する電車、バス、タクシー、国内線の飛行機など)


待機場所までの移動手段 自家用車での迎え(続柄: )、レンタカー、その他(   )
滞在期間
待機場所
到着便
署名
必ず連絡の取れる電話番号


そして、入国審査前に、滞在歴があることが一目で分かるようになった紙が渡されます。

tk003.jpg




日本の国際空港からご自宅等までの移動について

日本国内の国際空港(羽田空港など)から、ご自宅やホテル等、14日間滞在される場所までの移動には、公共の交通機関が使えません。つまり、電車もタクシーも、国内線の飛行機も使えない、ということになります。


KT氏の場合は、ハイヤーを手配されたようですが、厚生労働省のホームページで、基準を満たすハイヤー会社、およびハイヤーを手配できる旅行会社をホームページ上で紹介しています。こちらのリンク をご参照ください。


国際空港と滞在先が長距離となる場合、レンタカーを利用される方もいらっしゃるでしょう。(地球の歩き方ブログ)パリ特派員・加藤亨延さんが、2020年3月24日の記事でレンタカーを利用された時について細かく情報を書かれています。こちら をクリックしてください。(ご本人の承諾を得ています。)
その前日の記事 では、フランスからの移動に関する情報が、たくさんの写真とともに、非常にわかりやすく書いてあります。




その他の参考となるリンク先


上陸審査の状況(速報値) ・・・法務省ホームページ内。入国しようとした人の数、入国できた人の数が、日ごとに分かります。
こちらをみると、2020年4月3日以降に急激に入国者数が増えています。(それ以前は1日あたり十数名または多くても40名弱であったのが、300〜500名程度になっています。)


これから海外から日本へ来られる方へ、これから海外へ行かれる方へ ・・・こちらでは、「水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)」ということで、具体的に気になるQ&Aが項目ごとに書かれていて、非常に参考になります。帰国計画中の方は、是非ご一読ください。
日本到着後14日間の滞在場所について、またはそこまでの移動手段について、など、誰もが必要とする情報を始め、多岐に渡った内容です。隅々まで目を通すと良いでしょう。


今回のブログは、普段からお世話になっていますTK氏が、ご好意により情報を提供してくださいましたことをきっかけに、まとめさせていただきました。
実際に私が体験したことではありませんが、非常に気になる情報ですので、私なりに調べたものを追加しました。ネットで検索すると、たくさんためになる情報がありますが、皆さまにとって有意義な情報が少しでも含まれていれば、嬉しく思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドイツ→日本、どうしても日本へ行かなければならない方のための情報です

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について