トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 氷の聖人(Eisheiligen)が来た!

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

氷の聖人(Eisheiligen)が来た!

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年5月12日

あはは、それって誰でしょう?


ドイツでは5月になってからも、10日から15日頃など気温が0度や氷点下になる日がやってきます。
2020年も5月の上旬はとっても温かく、夜の気温も5度以上あり、植物は育ち盛りだったのに、やっぱり今年も気温が落ちる日がやってきます。
それが、「氷の聖人」と表現される正体なんです。
以下、氷の聖人は、アイスハイリゲン(アイス=氷、ハイリゲン=聖人)と表現します。


ドイツ語で、Eisheiligen / アイスハイリゲンというのですが、トマトなどの植物を地植えにするのは、「アイスハイリゲンが来てから」などという使い方をします。
そうなんです。4月には、何日も温かい日が続き、蒔いたタネも芽を出し、楽しい園芸シーズンの始まりと思ったその矢先に、このアイスハイリゲンが来るわけです。
それを知っていても、植木がたくさん室内にあるわが家ではベランダにはとっくの昔からところ狭しと植物が並び、成長の著しいトマトの苗は、もうベランダに植えつけてあります。
なので、このアイスハイリゲンが来るときには、慌ててビニール袋などを被せて対応するのです。

IMG_5393.JPG IMG_5392.jpg

↑お見苦しい写真ですみません。


北ドイツと南ドイツではだいたい1日違うようですが、バイエルン州では、カルテ・ソフィが過ぎ去ったらアイスハイリゲンもおしまいといわれています。
キリスト教のドイツでは、「名前の日」というのがあり、それをお祝いする習慣があります。ドイツ人の名前は、すでに存在する名前の中から選んでつけられるので、たいがいは成人の名前だったりするわけで、それぞれの聖人の名前の日が決まっています。
例えば、5月15日は聖ソフィアの日。6月24日は聖ヨハネスの日、というように。


そして、聖ソフィアの日が、カルテ・ソフィと呼ばれる日で、この日が過ぎれば植物を地植えできる、というものです。


昨晩5月11日は、お昼頃からの雨が続き、夜には気温がぐっと下がりました。19時半頃には、温度計は5度を示すものの、真冬のように寒く、慌てて上の写真のように、室内に入れることが難しい植物、あるいは0度前後を耐えることができる植物を覆いました(写真は本日5月12日の朝の時点です)。ビニールを外してみると、ダメージなく生き延びた様子で、安心。ここ数日夜に気温が低い日が予想されますが、一番寒い夜は過ぎ去ったようです。


一段落したら、大切に育てていたトマトの苗をすべて植え付け、野菜用の高床式の畑にも、小さな苗を植え付け、春の園芸作業が本格スタートとなります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 氷の聖人(Eisheiligen)が来た!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について