トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【新型コロナウイルス情報】バイエルン州でもさらに少し緩和(バイエルン州在住者向け日本語情報)

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【新型コロナウイルス情報】バイエルン州でもさらに少し緩和(バイエルン州在住者向け日本語情報)

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年5月 6日

今回の情報は、おもにバイエルン州に在住で、かつドイツ語によるニュースを理解することがまだ難しい方を対象に書かせていただきますことを、ご了承ください。


昨日2020年5月5日の12時半頃発表のニュースによると、学校と外食産業などの再開について、新たな一歩が踏み出されるようです。


学校は、フィングステン休暇(5月30日〜6月14日)の前に、生徒の50%までが登校できるようにすることを目標としています。そのために、全員が同時に学校に登校するのではなく、段階的に分散していくようです。マスク着用の義務は、以前発表されたのと同様、義務化しないとのこと。
5月18日および5月25日(それぞれ月曜日)に、5年生と6年生のクラスが週交代で授業を受けることになります。小学1年生も同様に、交代しながらの授業がスタートします。


レストラン(Gastronomie)は5月18日(月)から室外での営業が20時まで可能となります。簡易食堂(一皿で提供される簡単なお食事処Speiselokale)5月25日(月)からの営業、30日からホテルでの宿泊が可能となります。
レストランは、家族での食事、または2名での食事は、室外でのみ可能となります。ビアガーデンの経営時間に関しては、今後規則が作られるようです。


そのほか、5月4日(月)からは、美容院の営業がスタートしております。また、公園は5月6日(水)から再び使えるようになります。個人競技のスポーツも一定のルールに従えば可能となります。


また、すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、海外への小包類の発送に制限があるようです
実際、私も4月上旬にオーストラリアに送った小包が戻って来ました。新型コロナウイルスの影響で戻って来た郵便物は、DHLの専用窓口に相談することで、料金が払戻しになるようです。また、DHLのウェブサイトを見ると、国際小包が送れるか否かが表示されています。例えば、日本へは2kg以内の小包のうち、発送記録を追跡しないPäckchenのみ可能となっておりました。近所の簡易郵便局に持って行ったのですが、結局コンピューターで伝票を切ろうとすると、送信不可能とのことでした。この辺りの情報は常に変わるようですので、日本への小包を送りたい方は、こまめに確認する必要がありそうです(逆に日本からの郵便物は、少なくとも封筒に物品が入ったものは、わが家にも最近届いています)。


新型コロナウイルス関連で、交通規則も少し注意が必要です。車を運転する際は、1名での乗車の場合はマスクを着用しないでください。特に、野球帽と、サングラス、マスク着用となると、罰金€60が取られます。顔認識ができないことが理由になります。また、家族とのドライブの際は、運転手は同様にマスクを着用しないこと。仕事の同僚など、家族以外の乗車がある場合は、逆にマスクを着用してください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【新型コロナウイルス情報】バイエルン州でもさらに少し緩和(バイエルン州在住者向け日本語情報)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について