トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 新型コロナウイルスで騒がしい世の中、ドイツの診療所の待合室は今。

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

新型コロナウイルスで騒がしい世の中、ドイツの診療所の待合室は今。

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年4月30日

新型コロナウイルスで世の中が騒ぎ始めた頃、私は息子を連れて、外科の診療所に出向きました。
十数人分座れる待合室は、ほぼ満席の状態で、1時間近くもそこに座らされました。外はとってもいい天気の午後だったので、そんなに待つなら、少し外を散歩させてくれればよかったのに。これでウイルスに感染したら......と、病院の対応に憤慨しました。


別の日、子供のための歯科矯正の予約が入っていたのですが、緊急性がないので1ヵ月ずらしましょう、と事前に電話がありました。そして、先日診療所に出向きました。すると、とっても徹底していてびっくり。


一旦待合室に通されましたが、付き添いの人(母親など)は、よろしければ、診察時間の間少し外に出かけてください、と丁重にいわれました。場所的に、スーパーやパン屋、ドラッグストアなどが並ぶ一角なので、いくらでも時間つぶしはできます。


しばらく外を歩き、指定された時間に再び待合室に戻りました。座っていると、自分を含め3人。そして4人目の人は、待合室の外にある椅子をすすめられていました。
待合室そのものは、普段雑誌がたくさんあります。私たちが行くこの診療所は、なかなか雑誌の品揃えがいいのですが、それらがスッキリと片付けられていました。徹底していますね。

IMG_5255.JPG

(↑白い机の上に、普段は雑誌がたくさん。)

IMG_5256.JPG

そして、帰宅する際には、消毒薬を手に吹きかけてもらいました。


一方、義兄の営む歯科医院の場合、受付のところには、消毒薬があり、提出した健康保険証(クレジットカードのようなプラスチック製)も、消毒をされてから返却されます。
待合室では、普段ご自由にどうぞ、と置かれているミネラルウォーターも、たくさんある雑誌も一切なし。

IMG_5259.JPG

IMG_5260.JPG


この時期、診療所にはあまり足を運びたくないでしょうが、それでも予定が入っている方、カバンの中に文庫本を1冊忍ばせておくと、きっと時間つぶしにいいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 新型コロナウイルスで騒がしい世の中、ドイツの診療所の待合室は今。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について