トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【新型コロナウイルス情報】バイエルンのマスク情報など(外国人用マスク無料型紙リンクあり)

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【新型コロナウイルス情報】バイエルンのマスク情報など(外国人用マスク無料型紙リンクあり)

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年4月26日

ドイツの16州すべてで、マスクの着用が義務づけられます。
バイエルン州では27日から、交通機関、お店でのマスク着用が義務となり、違反すると€150(約1万7500円)の罰金が科せられます(警察がコントロールをします)。
罰金は状況で異なりますが、最高で€5000(約58万2000円)になるようです。


さて、マスクの着用が義務化しますが、それでは一体どうやってマスクを用意するのでしょう?
買い物に出てみると、義務化に先駆けて、多くの人がマスクをしているのを見かけます(大概の人は布で作ったマスクです)。
ドナウの市場など、普段はマスクとは関係ない場所でも手作りマスクを売っていたようです。自分で縫えない人は、友達や親戚などに頼んでいるようです。奥さんに縫ってもらったマスクを自慢してくる人もいますよ。ドイツ人は、かわいいですね。
子供も6歳以上はマスク着用の対象となるのですが、年頃の娘や息子がマスクをしてくれるかなとの心配はよそに、わが家の場合は手持ちの布からそれぞれがお気に入りを見つけてくれました。長男は早く作ってとせがむ始末。娘は自分で作りましたが、手先が器用なので私が作るよりもていねいな作業で、完成後うれしくなったようで、すぐにふたつ目、3つ目と縫ってくれました。


それでは、普通の使い捨てマスクなどは、一体購入が可能なのでしょうか。
ニュースを読んでいると、だいたいどこでも商品の在庫を持てるようになってきているとのことですが、たまたま昨日薬局に行ってみましたら、ちゃんとありました。


IMG_5236.JPG


実はマスクの形について、おもしろいことを発見しました。
日本のウェブサイトで公開されている立体マスク(中央を縦に縫い合わせたタイプ)の型紙で作ったものは、ドイツ人のように鼻が高いとたくさん隙間ができてしまうんです。日本の型紙では上の部分は緩やかな弧を描いていますが、こちらのものはもっと深く、鼻がすっぽり入る感じです。


もしかしたら、このブログを読んでくださっている方の中にも、西洋人のように鼻が高い方用のマスクを縫いたい、という方がいらっしゃるかもしれません。
ドイツ語になりますが、洋裁の雑誌で(ドイツでは)お馴染みのBurda社のPDF のリンクを貼っておきます。例えば立体マスクを作りたい場合は、4ページ目に型紙があります(3ページ目は、印刷の際にゲージとなる正方形[10×10cm]があります)。


なお洗濯の仕方ですが、ドイツ語でネット検索すると、洗濯機の温度設定60度で洗濯し、アイロンをかけるという方法と、70度から80度のオーブンで予熱し、30分中にマスクを入れる、というものもありました(火事にはご注意ください)。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【新型コロナウイルス情報】バイエルンのマスク情報など(外国人用マスク無料型紙リンクあり)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について