トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > わが家の子供のプロジェクト、「鶏が欲しい!」〜その2〜

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

わが家の子供のプロジェクト、「鶏が欲しい!」〜その2〜

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年4月18日

夜型人間集団のわが家は、夜も朝も遅い日が続いていますが、今日は特別です。
みんな予定どおりちゃんと起きて、協力しつつお出かけ。
なぜなら、今日は鶏を買いに行く日だからです。行き先は、ヘマウという、レーゲンスブルクの西に30kmほど行ったところです。
そこは、馴染みで近所の大きい農家さん(R家)と深いつながりのあるお宅(B家)なのですが、せっかく出かけるついでにおつかいもすることになりました。


1)B家のご主人がお誕生日ということで、R家からのプレゼントを持って行く
2)B家の奥さんには、R家で収穫した野菜を配達
3)R家の娘さんが飼育している2頭の豚のための餌を買ってくる


それに加えて、わが家のために
1)雌鶏4羽を購入
2)藁(ワラ)を購入
3)鶏の餌としての穀物を購入


これが今日の仕事です。
家族全員で出かけます。一応外出自粛なので、先方に断ってから出かけました。


まず、R家のすてきな家畜を少しご紹介します。

IMG_4591.JPG

IMG_4586.JPG

IMG_4592.JPG

ここのR家はとってもすてきなんです。
昨年ここの奥さんが経営する貸切レストランで日本人会を開催したのですが、ご主人は穀物、野菜を育てて、ドナウの市場で毎週土曜日に売っていらっしゃいますし、奥さんは料理人なので貸切レストランを経営。これら家畜の世話をしているのは、5年生の娘さん。この子は誕生日やクリスマスには、鶏だの豚だのをプレゼントしてもらっています。豚はここの一家の仲間入りとなってまだ間もないのですが。

IMG_4583.JPG

2頭の子豚ちゃんですが、なんと日焼けをするので、日焼け止めのクリームを塗るんだそうですよ。


さてさて、そのあと出かけたのは、養鶏農家のB家です。私は初めてですが、13歳の長男はすでにここにR家の人と一緒に出かけたことがあるそうで、車を降りるときにはすぐに扉を閉めないと、鶏の毛が車に入ってくるよ、と警告されました。春の美しい風景を高速で走り抜け、到着したのはこんなにすてきなところです。

IMG_4598.JPG

IMG_4608.JPG

IMG_4606.JPG

真っ先に、鶏がいるところへ案内されました。
こんなにいろいろな種類がいるなんて。しかも1ヵ所に。どれがいい?と聞かれ、3人の子供がそれぞれ1羽ずつ選びました。そして私も。

IMG_4595.JPG

IMG_4597.JPG

真っ先に選んだのは長男。黒とグレーの美しい模様が体全体に平均的にある鶏。真っ白なのは、高く飛んでしまうらしいので、それは避けることにしましたが、白地にちょっと黒い柄のある鶏を次男が選びました。長女は、首が茶色で胴体からお尻までが黒い鶏。私は真っ黒の鶏にしました。これは緑の卵を産むそうです。捕まえるときに唯一暴れた強者で、ちょっと問題児っぽい感じ。


ここには豚もいるのですが、年齢ごとに小屋が3つ分かれていました。普通子豚が買われていくのですが、売れ残りとなった豚さんたちは、食肉となるようです。

IMG_4602.JPG

子豚ちゃんたちはとってもかわいい〜!と思いますが、大人になると貫禄が出てきて、豚様!という感じになってきます(笑)。もちろん今朝出かけた近所の大きい農家さんちの2匹の子豚も、ここのB家出身です。


さて豚もいいですが、そそくさと家に帰り、鶏を庭に放しました。
準備が整った北側の庭は、十分な日陰と太陽の当たる場所があり、植物も十分。日陰の時間が長いので、芝生の育ちはあまりよくありませんが。それでも、多分4羽とも新しい環境にそこそこ満足してくれたと思います。食べ物も、飲み物も、ちゃんと受け入れてもらえたようです。

IMG_4621.JPG

IMG_4631.JPG

IMG_4615.jpg


鶏って、美しい動物ですね。私は動物は大好きですが、まさか私が鶏を所有することになろうとは、数日前まで考えたこともありませんでした。
正直付け焼き刃で、準備が十分に整っているとはいえませんが、子供たちが一生懸命頑張りました。


そして、わが家の2匹の猫たちも興味津々で見守っています。
わが家には自己中心で繊細だけれど、家族みんなの心を捉える雌猫と、強気でちょっとドンくさい、でもスポーツマンの雄猫がいます。この雄猫は大きな犬がいてもけっこう平気で逆に向かっていきそうな勢いの猫なのですが、今日もいろいろやってくれました。


新築の鶏小屋で真っ先にお昼寝してみたり......

IMG_4637.JPG


わが家のように、入口から外の様子を眺めてみたり......

IMG_4647.JPG


買ってきたワラの中に埋もれてみたり......

IMG_4656.JPG


私を含め、子供たちはみんな大はしゃぎ。近所の子供も何度か覗きに来ていました。
そんななか、コンピューター・オタクの次男(11歳)が、古いドローンのカメラを利用し、iPadのモニター画面に鶏の様子をリアルタイムで写し出す、そんな仕掛けを考えました。
下の写真の赤で囲った部分に白い物体があるのですが、これがそのカメラです。


IMG_4641.jpg

なかなかいいアイデアですね。


そして、長男と次男が力を合わせて、鶏小屋の扉を朝自動で開けるための装置を作っているようです。
壊れた何かのモーターなのでしょうか、なんかすごいことになっています(これで、朝早く起きなくてもいい、と思っているようですが)。


今日は子供も鶏も大はしゃぎで疲れたようです。
また、ご報告できることがあるかもしれません。今日はここまで。





この鶏プロジェクトをシリーズとして読みたい方、こちらからどうぞ。
その1 、2020年4月17日
その2、 2020年4月18日
その3 、2020年4月19日
その4 、2020年5月6日
その5 、2020年7月31日
その6、2020年9-10月頃?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > わが家の子供のプロジェクト、「鶏が欲しい!」〜その2〜

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について