トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > バイエルン州のデザートの定番、カイザーシュマーレンは、実は日本で買える材料で作れる!

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

バイエルン州のデザートの定番、カイザーシュマーレンは、実は日本で買える材料で作れる!

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年4月14日

新型コロナウイルスの影響で外出をしていない私。
前回に続いて、お料理ネタでブログを書いていきます。


さて、ドイツ料理のレストランにあるデザートで、カイザーシュマーレンというのがあります。
ウィキペディア(日本語)を引用すると、「カイザーシュマーレン(独: Kaiserschmarren)、カイザーシュマーン(独: Kaiserschmarrn)は、オーストリアの最も有名なデザートのひとつであり、オーストリア=ハンガリー帝国の時代から人気があり、ドイツバイエルン州でも人気のデザートである。カイザーシュマーレンはオーストリア料理およびドイツ料理のシュマーン(ドイツ語版)と呼ばれるパンケーキのデザートの中でも洗練されたものの一つである」。

IMG_1410.jpg

義母が作ってくれるフワフワのカイザーシュマーレンしか知らなかった私ですが、バイエルン州歴史博物館のカフェ、レストランで食べた、オーブンで仕上げたカイザーシュマーレンも非常においしかったので、先日レシピを探して作ってみました。(2019年10月7日の記事、オープンして4ヶ月、バイエルン州歴史博物館のレストランに行って来ました。


簡単にいうと、卵白と卵黄を別々に泡だて、牛乳と小麦粉、お好みでレーズンを入れて作ります。フライパンで焼くのが義母の方法ですが、今回はオーブンで焼いています。

IMG_4094.jpg


IMG_4097.jpg

200度で15分焼くとこのように、薄っすらと焼き色がついてきます。いったんオーブンから取り出し、十文字に切り込みを入れてすべてをひっくり返し、さらに10分。

IMG_4099.jpg

上にスライスしたアーモンドをちらばめるます。レストランでは、これにりんごのコンポートが添えられていましたが、私はサクランボのソースを添えてみました。
今回は、思い立って作ったのですが、レーズンがなかったので、リンゴを小さく切ったものを生地に混ぜ込みました。


私が参考にしたレシピの材料を改めてご紹介しておきます。これで親子4人の昼食にいい分量でした。
ドイツのオーブンは大きいので、大きな平たい耐熱皿を入れる場所があります。
この分量では日本のオーブンだと生地に厚みができるでしょうから、焼き加減を調整してくださいね。

卵 中4個、薄力粉 130g、牛乳 250ml、バニラシュガー 適量、塩 ひとつまみ、グラニュー糖 50g(+30g 焼き上がり直前に生地にちらばめてキャラメル色にする)、バター 50g、レーズン 50g

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > バイエルン州のデザートの定番、カイザーシュマーレンは、実は日本で買える材料で作れる!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について