トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > イースター休暇中です。

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

イースター休暇中です。

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年4月 9日

休暇といっても学校はしばらく休みなのでパッとしませんが、現在バイエルン州は2週間強のイースター休暇中です。
庭に普通なら飾られるイースターエッグは近所でほとんど見かけませんが、一応イースター用のカラフルなゆで卵を作りました。

IMG_4262.JPG

小さな子供がいる家庭ではこんなカラフルなゆで卵を作ったりするのでしょうが、お肉屋さんやスーパーでも、この時期カラフルなゆで卵が売られています。
卵は普通、「ケージの中で飼われている鶏の卵」「比較的広い屋内で飼われている鶏の卵」「屋外の自由に動き回れる環境で飼われている鶏の卵」などのカテゴリーに分かれているので、その家庭の考え方に見合ったものを買うことができるのですが、ゆで卵にはこういったランク付けが一切なされていません。
新鮮ないい卵で作ったゆで卵にこだわるわが家では、毎年親戚や近所にプレゼントする分も合わせて多めにカラフルなゆで卵を作ります。


2020年の今年はいつもより少な目です。
新型コロナウイルスの影響で、親戚一同で集まっての食事もないからです。
その代わり、お隣のご夫婦にプレゼントする卵もこのように仕上がりました。

IMG_4263.jpg

新型コロナウイルスの影響を受けて、真摯に外出を自粛している90代前半と80代後半のこのご夫婦。ふたりいらっしゃる息子さんの家族がいずれもすぐに駆けつけられる場所に住んでいらっしゃらないので、この時期かなり不便な生活をされていることと思います。
普段は、自分たちで買い物などをされていらっしゃいますが、新型コロナウイルス感染を恐れて、ここ数週間お庭以外には一歩も外に出ていらっしゃらないようです。
幸いドイツは近所付き合いがいいのですが、どうやらここのご夫婦のためにお買い物に行きましょうか、という問い合わせが3、4件もあったようです。ドイツ人ってとっても親切な国民なんだな、とあらためて感じるお話ですね(実際は私がここ数週間、すべての買い物を代行しています)。


それにしても、今年は教会でのミサも一切ないので、この時期教会音楽の吹奏楽器での演奏の予定で忙しい私も、ちょっと拍子抜けな感じです。
庭の枝に飾るイースターエッグも出さないまま、裸だった枝に新緑が少しずつ顔を出し始めており、日中は20度を超えるような晴天に恵まれている状態です。
春の陽に煽られて、庭の木もこんなに美しくなりました。

IMG_4307.JPG

↑落葉樹であるジューンベリー(Felsenbirne)です。ほんの数日のうちに、一斉に白いかわいい花をぎっしりに咲かせてくれました。


IMG_4308.JPG

↑芝生の淵に植えた球根植物。クロッカスや水仙が一段落した今はチューリップたちの出番。秋に球根を新たにいくつか植えたので、今年はとってもにぎやかです。自宅で過ごす時間が長いだけに、こういったささやかな色合いが心を和ませてくれますね。↓

IMG_4300.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > イースター休暇中です。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について