トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス情報】ドイツ入国について:海外へお出かけ予定の方へ

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【コロナウイルス情報】ドイツ入国について:海外へお出かけ予定の方へ

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年3月 3日

新型コロナウイルスの感染者拡大に伴い、以下の国からドイツへ入国される方を対象に、書類の提出が必要、または推奨されています。

イタリア、中国、韓国、日本、イラン


飛行機や船で入国される方、入国の際の書類が義務づけられています(電車やバスでの場合は、推奨という形になります)。
これは感染者が発見された場合に、同じ飛行機や電車、バスに乗車していた方に感染した可能性があるということで通知ができるように、という考え方からきたものです(個人での車移動の場合は必要ありません)。
この書類は、ドイツ語で Aussteigekarte (アウス・シュタイク・カルテ、 リンク先はドイツ語のPDF)と呼ばれるもので、飛行機の場合は、キャビンアテンダントから機内で到着前に配布されるはずです。
(3月4日の在ドイツ日本国大使館のホームページに、この書類の日本語訳付き英語版が掲載されました。こちら にリンクしています。)


WHO(世界保健機関)の情報(英語) を見るに、出国時や入国時に体温を測ることは、効果が薄い割に時間と努力を必要とすることから、感染者が発見された場合に、即座に連絡が取れるように、入国後のコンタクト先の連絡を徹底させる方向になったようです。


さて、このWHOがいったいどういう立場にあるかというと、旅行者を完全にシャットアウトすることは、仕事や経済への影響が大きいということなので、必要以上に制限するつもりはなさそうです。ただし、高齢者や慢性的な病気のある人の旅行は控えることを推奨しています。


また、旅行の際の注意点を、以下のように案内しています。


・感染した疑いのある人との距離をなるべく1m以上空けること
・手を水と石鹸で、またはアルコール洗浄料で頻繁に洗うこと
・不要に鼻や口を触らないこと
・マスクは、健全な人にとっては不可欠ではない、仮に装着する場合は、装着方法、着脱方法、排気方法に注意すること


これらは、もちろんドイツ入国だけの問題ではありませんし、すでに報道で読者の皆さんも何度も目や耳にされていることと思いますが、実際すでにドイツへの飛行機チケットを入手されている方、商用でドイツへいらっしゃる方などにとっては非常に気になるテーマと思いましたので、改めて、この場でご案内させていただきました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【コロナウイルス情報】ドイツ入国について:海外へお出かけ予定の方へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について