トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 地球温暖化で雪が積もらずに春を迎える?

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

地球温暖化で雪が積もらずに春を迎える?

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2020年1月25日

先日地元のラジオでも言っていましたが、雪も積もらないのに、スノードロップなどの春の草花が顔をのぞき出し始めている、と。
普通、ここレーゲンスブルクの冬は、気温が -10度なんて珍しくもなく、 -10度以下が1週間から10日程度続くとドナウ川の支流のレーゲン川ではアイススケートができるのですがこの冬は全く寒くなりません。


雪は2、3回チラつきましたが、一瞬うっすらと雪が残った程度。
気温が -2、3度で霜が降りることはよくあります。今週は少し寒く、毎日のように -6度程度まで落ちていました。


が、今週月曜日(2020年1月20日)、りんごの枝を切ろうと庭にいたらスノードロップと福寿草(フクジュソウ)がもう葉っぱを出しているのを見つけました(温暖であった1年前もちょうど1月末の事でしたね。記事は、こちら からどうぞ。2019年1月29日付記事です)。


先ほど、現状を見に行ってみると、福寿草は数日前は葉っぱだけだったのに、黄色い蕾が出ています(2020年1月25日現在)。

IMG_3121.JPG

スノードロップは、やっと小さな白い部分が顔を出すかどうか、という感じ。(2020年1月25日現在)

IMG_3122.JPG


少し話は飛びますが、ドイツ、バイエルン州では、7年生(日本でいう中学1年生)が学校からスキーをしに泊まりがけで出掛けます。
ネットでニュースを見ていた所、1月中旬にスキー場に出掛けた学校の事が紹介されていました。
スキー場には一切雪がなく、かろうじて初心者用のゲレンデには、人工雪を降らせての利用だったとか。


私の周りにも、スキー好きな家族が沢山いますが、そのうち、近場でのスキーは叶わぬ夢になるのでは?と不安になります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 地球温暖化で雪が積もらずに春を迎える?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について