トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ベートーヴェン生誕250年、ベートーヴェンはレーゲンスブルクに来たことがあるのか?

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ベートーヴェン生誕250年、ベートーヴェンはレーゲンスブルクに来たことがあるのか?

カテゴリー: 投稿日:2020年1月13日

今日は、ベートーヴェン・シリーズ第二弾。


私も音楽が好きで、ピアノでここ2、3年程度、ベートーヴェンのソナタを頻繁に弾いていました。


先日2020年1月10日に、記念切手の記事を公開した後、ちょっと気になることがありました。
ベートーヴェンは、レーゲンスブルクに来たことがあるのかしら?
モーツアルトとハイドンはレーゲンスブルクに来ているし、ブルグミュラーにはレーゲンスブルク生まれ。ベートーヴェンは、ウィーンにも住んでいたから、きっとレーゲンスブルクにだって来てたに違いない!


改めてとことん調べ直してみると、ベートーヴェンは16歳であった1787年1月と4月にレーゲンスブルクに来ているという記載をネット上で見つけました。オルガニストとして数日間来たのだそうですが、それ以上の情報には残念ながらたどり着きませんでした。
ウィキペディア(ドイツ語版)によると、「1786年12月からモーツアルトのもとで作曲の勉強をするためにウィーンへ行き、そこで3ヵ月間暮らしたが(実際は、モーツアルトに作曲を教わっていなさそうです)、その後帰路につく際に、レーゲンスブルクやミュンヘン、アウグスブルクにも立ち寄り、1787年5月にボンへ戻った」とあります。

IMG_3026.jpg

でも、ベートーヴェンはどこに宿泊したのでしょうか。
お金持ちの人をターゲットにしていた旅館「白羊亭」がありました。そこには、文豪ゲーテのほか、作曲家ではモーツアルトやハイドンも宿泊している記録があります。でも、ベートーヴェンについては読んだことがありません。
モーツアルトが来たのが1790年、そしてハイドンが1794年ですから、1786年にレーゲンスブルクを訪ねたベートーヴェンがここに宿泊したとしてもなんら不思議はないのですが(白羊亭には、同1786年、文豪ゲーテも滞在しています)。


最愛の母が1787年7月に亡くなっています。レーゲンスブルクに来た頃は、まだ大きな失望を受ける前の若きベートーヴェン! という感じだったのでしょうね(母親の死の後、父親は酒に溺れるようになる。ベートーヴェン自身も、1798年ごろから聴覚の問題が発覚)。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ベートーヴェン生誕250年、ベートーヴェンはレーゲンスブルクに来たことがあるのか?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について