トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 普段は非公開!---12世紀の家を見学

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

普段は非公開!---12世紀の家を見学

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年1月29日

レーゲンスブルクは、13〜15世紀に建てられた家が旧市街の大半を占める町。このレーゲンスブルクの「すてき!」を、今回もご紹介します。


この家は12世紀後半に造られたもので、レーゲンスブルクの貴族が住んでいました(1674年および18世紀に改築)。


長い間、教会関係者が使用していたのですが、そこが空いたので、それを機に重要文化財としての詳細を調査し、その後リフォームしようということだそうです。そんな中、私たちレーゲンスブルクの公認ガイドが、この家の内部を案内してもらったわけです。


実は、まだ重要文化財という対応がなされていない昔に、いじられているので、本来天井が非常に高い、1階のど真ん中に、もう一枚床を入れ、2階に分けてしまったということで、フレスコ画が途中で切れていたり、元々あったハウスチャペルが、上下に分断されていたりしています。

IMG_3177.jpg


このハウスチャペルは、12世紀後半から1210年頃に造られたもので、Galluskapelleガルースカペレといわれます。この建物のある通りには、ロマネスク様式の入り口が目を惹きますが、その内部に当たる場所です
(レーゲンスブルク内には、聖ヤコブ教会(別名ショッテン教会)がありますが、そこにある有名なロマネスクの入り口と同じ頃に造られています)。聖ヤコブ教会については、こちらのブログ (ビストロ・ロザリウムの周辺の紹介で登場します。)をご覧ください。


上の写真は、イエス・キリストがエルサレムに向かう場面だそうです。一番上が途切れていますが、色もまだ鮮明に残っています。このフレスコ画は15世紀のもの。

IMG_3175.JPG

これは、悪魔が石を指差している図です。
新約聖書のエピソードのひとつで、荒野の誘惑 (ウィキペディアにリンク)、というのがあります。悪魔がイエス・キリストにいった言葉、
「もしあなたが神の子であるなら、この石に、パンになれと命じてごらんなさい」。これを描いたものだそうです。

IMG_3201.JPG

ここには祭壇が置かれていますが、本来ハウスチャペルがあった場所。祭壇の上に弧を描いた壁がありますが、それとは別にもう一段、祭壇の背景に同様の弧があります。その弧の延長上一番下の部分に装飾が見られます。この背景にある方がオリジナル。

IMG_3181.jpg

IMG_3191.jpg

部屋の入口の上や壁などに、家紋があります。


IMG_3176.JPG


IMG_3193.JPG

2階から階段を見下ろしたところです。立派なものです。こういうすてきな階段は、旧市街内の建物であちこち見かけます。
この写真を撮った場所は大きな広間になっていて、そこをぐるりと取り囲むように、たくさんの部屋があります。迷路のような感覚に襲われるのですが、この中心にある広間は窓がありません。日中でも薄暗いのですが、これが、建物を賃貸する際に大きな問題のようです。周りを取り囲む部屋の中のひとつに、先ほどの祭壇が置かれた部屋がありますが、それ以外は今現在ほぼ空っぽです(建物は3つの建物のコンプレックスですが、左右の建物の1階は、現在でも店舗が入っています)。


ひとつの部屋には、古い暖房施設が残されています。

IMG_3195.JPG

この部屋の床については一切説明がありませんでしたが、19世紀のものでしょうか。この模様は、ドイツ語直訳ですと「魚の骨」となります。


中庭はこんな感じです。木掘りの美しい二枚扉が道路に面していますが、そこを開けて中に入ったところは石畳です。

IMG_3236.JPG

IMG_3202.JPG

IMG_3232.JPG

IMG_3234.JPG

奥の方まで入って行くと、そこには金属製の門があって、中庭に出られます。

IMG_3205.JPG

旧市街のど真ん中にこんな大きな庭があるなんて(夜19時ごろの見学のため、暗くて写真では何も見えないため掲載していません)。
ブナの木やリンゴの木もあります。昔はここにももう1棟建物があったのだそうで、いずれその跡地に新たに建設される方向で現在話が進んでいるのだそうです。


先程の建物への(中庭からの)入口と庭へ行くための金属製の扉の間に、もうひとつ入口があり、地下に導いています。ここは、なんと、第2次世界大戦中に防空壕として使われていたところだそうです。

IMG_3203.JPG

IMG_3207.JPG

↑ピントが合っていなくて残念(20人くらいの団体なので、ささっと写真を撮らなきゃ駄目なんです)。

IMG_3209.JPG

IMG_3224.JPG

かなりの大きさです。天井の高さもお分かりになりますね。
写真の左右中央に、コンクリートの柱が2本突き抜けているのをご覧いただけると思います。これは建物のすべてを地下から最上階まで貫通しているのだそうです。
地下の天井はコンクリートで覆われていますが、隙間に木が覗ける場所もありました。このコンクリートは大聖堂の石工さんの新米が、1950年頃に修復作業として塗りたくったものだそうです。

IMG_3217.JPG

このように、ロウソクを置くための場所も所々にあります。


さて、ここはいったい何処でしょう?
この記事を読んでくださっているレーゲンスブルク在住の皆様は、いったいどこか、ドキドキされていると思います。
ノイプファー広場から東に入った通り、Schwarz-Bären-Strasse 2(黒熊通り)です。こちらの写真をご覧ください。夜の写真で分かりにくいですが、ああ!!! って思われることでしょう。

IMG_3241.JPG

IMG_3242.JPG

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 普段は非公開!---12世紀の家を見学

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について