トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ホフブロイハウス・レーゲンスブルク支店

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ホフブロイハウス・レーゲンスブルク支店

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年12月17日

これで4回目のご紹介。ハツ(心臓)を食べて来ました!


2018年の12月の記事で、バイエルンのレストランでは肉料理を! と書きました。2019年11月、仲間10名ちょっとのうちふたりがセロリのシュニッツェル(トンカツのようにパン粉をつけて揚げた物)を注文していました。私も次回はそれを食べようと心に誓っておりました。ところがそれは、日替わりメニューだったようで、今日はメニューに載っていなかったのです。


悩みに悩んでメニューを見ていた時、隣に座っていた仲間が「ハツにしたら? 食べた事ある?」って言うんです。
内臓系が苦手な私は気が進みませんでしたが、その後、彼がここホーフブロイハウスは内臓系得意なんだよ、って教えてくれたのです。
心臓13.50ユーロ、レバー13.50ユーロ。値段は、この店にしては安い方のカテゴリーです。
レバーは煮たものと焼いたものが選べます。


食わず嫌いでなく、こういう時はこれをチャンスに試してみるべきだと、日本人のど根性を示そうと????? 注文することにしました。
だって、旅行者でメニューが理解できずに間違えて、欲しくもない心臓を注文してしまうことだってあるでしょう、きっと。
それに、ブログのネタにするには、きっと面白いし! と、度胸試しです。


出てきた料理を見て、ああ注文しなければ良かったと思った私。1cm程度のスライスになっているかと思いきや、なんと大きな大きな塊だったんです。
IMG_2438.JPG

このハツ、結構なボリュームです。
4分の3は食べましたが、流石にあとは残しちゃいました。
これを、「心臓」と思わず、何も考えずに食べれば、おいしいと思います。でも、塊をみれば、何かを考えれば食べられたものではありません。
それは、個人的な問題だと思います。焼き鳥屋さんなどで、おいしいハツを知っている日本人には抵抗なく受け入れられるかなとも思います。せっかくこの店が内臓系を得意とするなら、試さない理由もありません。


飲み物は、白ビール(黒ビールは、ヴェルテンブルガーなどの飲みなれたおいしいビールと比較すると薄っぺらい味だったみたいなので、今回は遠慮しました。ヘレスは、ほかのメーカーと並べて飲み比べない限りは、少なくともおいしかった印象があります)。
IMG_2435.JPG


ホフブロイハウス・レーゲンスブルクの記事を見る
2017年12月  / 2018年12月  / 2019年11月


全部テーブルクロスは異なりますね。
でも、このテーブルクロスも色を付けたものでなく織り込んである。つまり高級な布を使っているのです。


今回のウエイトレスさんは、足繁く様子を見に来てくれました。
私の今回の出費は、13.50ユーロの料理と4.10ユーロのビール、チップを含めて19〜20ユーロでした。
しっかり食べて飲むと、だいたい25ユーロ程度払っていましたが、ひとりでこの値段。結構な出費となりました。19時半から22時頃までしっかり盛り上がりました。


店の混みようですが、月曜日とはいえ、クリスマス前にしてはちょっと空席が目立つ、そんな夕べでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ホフブロイハウス・レーゲンスブルク支店

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について