トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【クリスマス市情報②】シュピタールでグリューワインを飲みました。

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

【クリスマス市情報②】シュピタールでグリューワインを飲みました。

カテゴリー:夜遊び・クラブ・お酒 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年12月 3日

夜遅くにクリスマスマーケット、行ってきました。
21時からでも行けるのは、2軒あります。ひとつは、トゥルン・ウント・タクシスのお城。もうひとつは旧市街から見ると、ドナウの対岸にあるシュピタール。
前者に行くなら、20時以降値段が安くなったタイミングがおすすめ(月曜日は終日お得な料金です)。
ということで、後者に行ってきました。22時までですが、グリューワインと呼ばれる暖かいワインを飲みながらお友達とお話しするにはいい感じ。

IMG_2225.jpg

私たちが行ったのは、グリューワインが3.70ユーロ、ビールの温かいのが4ユーロファンド5ユーロ(コップ返却とともに返金される)です。


グリューワインといっても、いろいろな種類があって、私はブルーベリーにしてみました。さらにラム酒を加えて欲しければ追加料金1ユーロ


ビールもお友達から一口味見させていただきました。これは、話の種に一度飲んで見るのも良いですが、やっぱりワインですね、ワイン。
ビールは、黒ビールのようです。モルツの味がまろやか。甘い! という印象。


それに対して、グリューワインは余分な甘みがない、スッキリした味わい。コップに並々(200ml)で熱くて喉の中を通るのがわかるくらいでしたが、コップ片手に話が弾むと、なくなる頃は結構冷めきっていたりして。
せっかくだから、温かいうちに飲むのが良いですね。


IMG_2227.jpg


お友達と待ち合わせをするなら、入口で(内部は奥に行くとかなり混んでいます)。
あれ、人が減ってきたなと思ったら、そろそろ閉店の22時になるところでした。
人々が散って行くときに、じゃあ、また明日! みたいな挨拶をしているので、会社の同僚でしょうか。
とにかく地元の人がたくさんのクリスマスマーケットです。


『おまけ』洋服情報です。
夜の気温はかろうじてプラス、というくらいだったのでしょうか。
私は、普通に綿の長袖Tシャツにウールのタートルネック、長いステップジャケット。足元は普通にジーンズ1枚。普通に綿の靴下に皮の靴。帽子も手袋もなし。1時間突っ立っているには、それで全く十分でした。


*********************************************************************************************************************************

さて、今年2019年のクリスマス市情報をまとめてご覧いただくには、次のリンクをご利用ください。

クリスマス市情報① ・ クリスマス市情報②・クリスマス市情報③クリスマス市情報④


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 【クリスマス市情報②】シュピタールでグリューワインを飲みました。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について