トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 世界で一番古いレストラン、Röhrlに行って来ました。

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

世界で一番古いレストラン、Röhrlに行って来ました。

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年11月29日

レーゲンスブルクのすぐそば、アイルスブルンEilsbrunnにある世界で一番古いレストラン、Röhrlに行って来ました。
IMG_2156.jpg

レーゲンスブルクの東、車で40分ほどのところにある町・シュトラービングにある同名の醸造所のRöhrlとは実は親戚関係で、どうやらこのアイスブルンから1881年に移住したJosef Röhrlが、醸造所を買い取ったようです。(2008年にミネラルウォーターで有名なLabertalerがこの醸造所を所有しています。)


1658年以降、現在の経営者Röhrl一家によって経営され、現在はその13代目。建物の基礎は今から1000年前のものですが、30年戦争で崩壊し、再建されたものです。2010年にギネスブックに記載されました。


さて、このレストランは歴史があるだけでなく、とても良い雰囲気です。夏に外で座っての食事も良いですし、建物の中での食事もバイエルンのレストランに期待される雰囲気を十二分に持っていて、おすすめ。

IMG_2141.jpg

実は、我が家がここのレストランに普段で向かない理由のひとつがビールだったのですが・・・


メニューを確認すると、いくつかの醸造所のものを扱っています。例えば、黒ビールは、このブログでも何度か紹介している、ヴェルテンブルクのものが飲めます。白ビールは、銘柄がふたつあり、Röhrlとシュナイダー。ただし、シュナイダーのものが欲しい場合は、注文する時にその旨はっきり言わないと、Röhrlのものが自動的に出てくるので注意が必要になります。


私は、正直このRöhrlのビールは好きではありません。この日、私は少しここの白ビールを飲んでみましたが、思ったより良かったです。それぞれの嗜好によって勿論異なり、決して悪いものではないとは思います。


さて、料理ですが、シュニッツェル(とんかつ)はおいしかったです。写真は、子供用のシュニッツェルです。


IMG_2139.jpg


大人向けには、自らの狩猟でとったというイノシシ料理がおすすめかな、と。

IMG_2133.jpg

ただし、この日曜日に出て来たものは長い間オーブンに入れていた、または作って時間がたっているものを温めていた感じの乾燥した感じ。脂が乗ったおいししさは全くなく、がっかりです。ソースも少な目で、普通ソースが余るくらいかけられているのが、ここでは、クヌーデルを食べ終わる前にソースがなくなってしまうくらい。とはいえ、クヌーデルやソース自体はなかなか良かったようです(多くのレストランにありがちな、出来合いのものではなく、自分たちで手をかけたものかな、と)。
付け合わせのサラダは、おいしかったようで、子供たちもこれを喜んで食べていました。一番下には、ドイツ風ポテトサラダが隠れていました。


イノシシ肉のシュニッツェル(とんかつ)を、私は注文しました。こちらは、パン粉にかぼちゃの種が混じっていて、その味が効いてからりと揚がった感じで満足。料理の選択としては大正解です。お値段は、他のものより高く、16.90ユーロ弱でした。

IMG_2134.jpg

シュニッツェルの付け合せはフライドポテトが主流ですが、ここでは、Feldsalat、日本語ではノヂシャと呼ばれる野菜が混じったバイエルン風ポテトサラダ。しんなりしたジャガイモとシャキシャキしたノヂシャの混合。食感が良く、おいしかったです。


ベジタリアンにとって難しいのがバイエルン・レストランでの食事です。だいたいフライドポテト、シュペッツレ(バイエルン風パスタ)にチーズを乗セテオーブンで焼いたものか、が無難なのです。
ここでは三色のクヌーデルがメニューにありました。緑のものがホウレン草、赤いものが赤ビート、そしてチーズ。それに挑戦!

IMG_2136.jpg

こお店で良いなと思ったのは、子供用のコーナーがあること(これは結構当たり前ですが)、子供用の椅子がずば抜けてたくさんあること(廊下に一列に待機しています)、そして中型犬などを連れた客が何組もいて、犬用のお水も頼まないでも出てくること。


Gaststätte Röhrl


公式ホームページ https://www.gaststaette-roehrl.de

ウィキペディア https://en.wikipedia.org/wiki/Gaststätte_Röhrl (英語版)


住所 Regensburger Str. 3, 93161 Sinzing


営業時間 月、金曜日 17〜22時、土、日曜日 11〜22時(火〜木は定休日)

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 世界で一番古いレストラン、Röhrlに行って来ました。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について