トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > アウグスブルク情報④ ブラブラ歩き編

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

アウグスブルク情報④ ブラブラ歩き編

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年11月25日

失礼ながら、アウグスブルクがこんなに美しい町だとは思っていませんでした。
戦争の被害をたくさん受けて、そこから復興した町なのですが、どこを歩いても絵になります。
我がレーゲンスブルクは、戦争の被害をほとんど受けず、古い家がたくさん残っている貴重な町ですが、それに対してのアウグスブルク。モダンだけれどもセンスがある、そんな町なのかな。


それでは、いくつか写真をご紹介します。
アウグスブルクへ行きたい気持ちを掻き立ててください。

IMG_1556.jpg

IMG_1592.jpg

IMG_1597.jpg

↑ こんなすてきな扉もありました。本当は、ほかにもたくさん。


IMG_1604.jpg

IMG_1610.jpg

↑ 私は細道も大好き。一体この先何があるのだろう? とワクワクさせてくれますよね。


IMG_1624.jpg

↑水辺に沿っても歩いてみました。アウグスブルクの水管理システムは、2019年に世界遺産に登録されました。水力を利用した都市として発展したこの町。水力工学のパイオニアなんだそうです。「水管理システム」をテーマにすると充実した1日が過ごせそうです。ツーリストインフォメーションで情報を収集しましょう。写真は、Schwibbogengasseにある水車です。

IMG_1629.jpg

↑オッシャレ〜! と思って飛びついたら、カフェでした。子供が一緒じゃなかったら、私も中に入ってコーヒーを堪能したでしょうね。

IMG_1638.jpg

↑こちらは家もすてきですが、その隣の木製の柵も凝っています。

IMG_1580.jpg

IMG_1647.jpg IMG_1648.jpg

IMG_1689.jpg

↑暗くなってからも絵になりますね。


そうなんです、実はちゃんと計画して出かけた訳でないので、結構行き当たりばったりでした。子供がいるので、建物や博物館はなるべく避け、子供も楽しめるように散策することに力を入れました。


でも、本当に町を楽しみたい人は、じっくり時間をとって出かけてみてください。
アウグスブルク、今回のシリーズは、こちらで終了となります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > アウグスブルク情報④ ブラブラ歩き編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について