トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ホームパーティーに持ち寄る料理

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ホームパーティーに持ち寄る料理

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2019年8月14日

ドイツ人は、ホームパーティーが好きです。
事あるごとに、友達を誘って、またはお誕生日に持ち寄りでパーティーをしたり、などなど。


先日、フィンガーフードを持参で!というパーティーに行きました。

IMG_9547.jpg


例えば、こんなものがありました。


ミートボールに蝶々の形のパスタを一つづつ爪楊枝で刺したもの
キッシュだけども、平凡なハムと玉ねぎではなく、ブロッコリーと松の実が入ったもの


その他平凡な所では、


パンのスライスに、ペースト状のもの(ディップ)を自分でつけて食べるように添えられたもの
パイ生地でピザ風のものをロール状にし、1cm程度の厚みに切ったもの(蚊取り線香のような形状)


IMG_1611.jpg

↑↓こちらは、小さな路地に面した家々に住む人が集まってのグリルパーティー。
グリルをするためのお肉などは自分達で持参、自分達で焼く。その他のパンやサラダ、デザート類などは、みんなで取り分けられるようにそれぞれが持参。

IMG_1612.jpg


タイ風の味付けみたいでしたが、春雨が混じったお惣菜。とても印象的でした。美味しくて、何度もお代わり。


こんなパーティーに誘われたら、私達日本人は、慣れるまでは悩んでしまうところだと思います。
ドイツに住み始めたばかりの方、駐在員の奥様方、もしかしたら、参考になるかな、と思ったので、ご紹介しました。


でも、誘われる度に出掛けて行くと、どのくらいの分量を、何を持って行くべきか、少しずつ分かるでしょうし、他の人が作った料理を食べることは、非常に興味深いものです。


ちなみに、デザート系は、マフィンのような手軽に食べられるものも重宝します(特に子供は飛びつきますね)が、ケーキ類よりも、ムース系などの方がパーティーではお腹に優しいかもしれませんね。ティラミスなどもウケますが、ご自宅にエスプレッソの機械がない場合は、手をつけない方がいいでしょう。


私が出会った感動的なデザートは、大きなプレートにミニシュークリーム(多分冷凍で購入できるもの)を山積みにし、それを覆うようにたっぷりのチョコレートムースをかけ、チョコレートのついたポッキーをハリネズミのように刺したもの。これは、本当に見栄えも良く、美味しかった、忘れもしないデザートの一つです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ホームパーティーに持ち寄る料理

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について