トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ヴァルハラ神殿に新しい胸像が

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ヴァルハラ神殿に新しい胸像が

カテゴリー:お知らせ / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年5月31日

ルートヴィヒ1世がオーストリアの宮廷建築家、レオ・フォン・クレンツに造らせた、新古典主義の建物・・・なんて表現すると、難し過ぎますね。
はい、ルートヴィヒ1世が造らせた建築物の中で、一番高価なもの。
アテネのパルテノン神殿を8%小さくしたような建物。


それが、ヴァルハラ神殿です。
IMG_8175.jpg
(白い羊と4匹の黒いヤギ、背景は壮大にそびえ立つヴァルハラ神殿)



さて、ここには、ドイツ語圏の人で、賞賛に値する人の銘板または胸像が飾られていますが、そこに13人目の女性として、新たにもう一人(胸像として)加わりました。それが、ケーテ・コルヴィッツ(1867-1945)という版画家、彫刻家です。

IMG_8183.jpg

写真下の列の右側の胸像です。

IMG_8191.jpg

本日、5月31日は、新しい胸像を記念して、普段4ユーロの入場料が無料(駐車場も無料)、14時から20時までは、ヴァルハラ神殿の内部にある胸像などについての講演などが無料で行われる、ということで、かなり賑わっていました。
昨日木曜日が祝日ということもあり、週末と挟まれた本日金曜日は、仕事を休む人も多かったためか、お昼時の中途半端な時間でも、駐車場はかなり一杯、自転車でやってくる人達もたくさん。

IMG_8186.jpg

建物の内部には、ぎっしりと椅子がありました。講演会のためのものなのでしょうね。
その他、ヴァルハラ関連のお土産も(マグネットやコップなど)内部で売っていますし、解説の本なども、今までは薄っぺらのものしかなかったのに、分厚い本として新登場したようです。


IMG_8180.jpg
石も、こんな美しい模様になっている部分もあります。平凡な長方形だけではないのですね。


IMG_8163.jpg

IMG_8193.jpg

ヴァルハラ神殿の入り口近くから、ドナウを見下ろす。
500段近くある階段を行き来すると、こんなどんよりした曇空でも、いい運動。汗をかきます。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ヴァルハラ神殿に新しい胸像が

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について