トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 聖母マリア、春の祈り

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

聖母マリア、春の祈り

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2019年5月27日

私は仏教徒ですが、地元で教会音楽をかれこれ10年以上やっています。
そんな中で、今日は特別な経験をしたので、みなさんに是非お裾分けをさせていただきたいと思います。


世界遺産都市レーゲンスブルクから北に4kmほどの所にある郊外ラッパースドルフ。そこにあるカレットという地区の奥、丘の上にチャペルがあります。普通は、カレットの教会でミサが行われますが、わざわざそこに牧師さんが来て、5月の聖母マリアの祈り、秋の収穫祭、などのミサが行われたりするわけです。今日5月26日日曜日の夕方は、なんと、そこに金管楽器が聖歌の伴奏をするだけでなく、アルプホルンが数曲演奏を披露してくれました。

IMG_8113.jpg


レーゲンスブルクでは、アルプホルンの団体もなく、私も今まで目の前での演奏を聴いた事がなかったので、とても感動しました。

ミサそのものは、1時間と普通ですが、5本のアルプホルンがとても素敵な音楽で心を癒してくれました。
トロンボーンやユーフォニアムと同じ大きさのマウスピースで、かなりの肺活量を必要とするのだそうです。実際このメンバーでは、チューバやタナーホルンも吹いている、という人がいました。
つばが溜まったらどうするのかな、と思って質問してみたのですが、溜まらないんだそうです。木製の楽器で中はラックがかけられていないからだとか。


マウスピースも木製。
トランペットでも、木製のマウスピースというのが存在して、寒い冬に外で演奏するには、プラスチックと同様に、気温に影響されず良いものだとは聞いています。でも、非常に高価なもの。
楽器そのものが、天然木ですから、非常に高価なんだろうな、と思って検索してみると、10万円くらいでもありました。買えないような値段ではないのですね。


ちなみに、今回演奏したグループは、ここから1時間も離れていない所からやって来たグループでした。
そのホームページ(ドイツ語)はこちら です。


このチャペルは、丘の上にあり、非常に狭いのですが、そこでギュウギュウにスタンバイして演奏したアルプホルンのグループ。
彼らが演奏しながら眺めていたのは、こんな風景でした。

IMG_8114.jpg


演奏している人の背後に回ってみると、こんな感じです。(ミサの後、皆さんが丘を下って行かれる際にも演奏が続いていましたので、すかさず写真をパチリ。)
IMG_8129.jpg

ミサの最中にこっそり盗み撮り。
IMG_8115.jpg


なんせ、私もトランペットを担当していたので、一旦離れて写真撮影をする勇気もなく、ミサが終わってから、全体像を撮影してみました。雰囲気、伝わりますか?

IMG_8120.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 聖母マリア、春の祈り

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について