トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > バイエルン州歴史博物館のオープンは、2019年6月5日!

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

バイエルン州歴史博物館のオープンは、2019年6月5日!

カテゴリー:お知らせ / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年2月15日

バイエルン州歴史博物館 (リンク先は、ドイツ語の公式ホームページ)が、2019年6月5日にオープンします。
これは、1800年以降のバイエルンの歴史を紹介するための博物館です。


2011年に、バイエルン州の25都市の中からレーゲンスブルクが選ばれたのですが、その理由は二つあります。


    (1)重要文化財保護の観点と、エネルギー効率についてのレーゲンスブルクのコンセプトが認められた

    (2)バイエルン州の最初の首都に相当する町であった


もともと、ここは、ローマ人が軍事拠点を築いた頃、北東の端に位置していました。
1900年頃は、フンネン広場を中心に、建物が密集した場所でした。
1890年から第二次大戦が終わるまでは、穀物の倉庫があり、その後ドナウ市場が毎週開かれる他は、駐車場として使われていた場所。


2012年の9月に考古学的な調査がスタートし、18世紀の木製の建物の跡が見つかったり、焼け焦げたパンが見つかったりしています。
下の写真は、2013年9月の時点のものです。


IMG_1208.jpg

2017年の7月に、原因不明の火災が発生し、1000万ユーロもの損害を出しました。
当初、開館予定日は2018年の11月、自由国バイエルン州(Freistaat Bayern)設立100周年記念に設定されていました(1806-1918年は、バイエルン王国Königreich Bayern)が、2019年の今年、6月になりました。


入場料は、大人料金が5ユーロですが、6月一杯は無料だそうです。
(子供(18歳未満)は常時無料)
月曜日は閉館日です。


DSC08962.jpg

(写真は、2018年6月9-10日に開かれた、博物館祭の時のものです。)


2018年9月中旬に、展示品が搬入され始めましたが、第1品目は、5トンの重さのおよそ100年前に製造された蒸気機械でした。


その他の展示品としては、オクトーバーフェストでミュンヘンの醸造所Löwenbräuが、ビア・テントの上に1950年から40年間乗せていた高さ4mのライオンの装飾もあるそうです。


もう少し細かい情報は、オープンが近づいた時、またお知らせできると思います。お楽しみに。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > バイエルン州歴史博物館のオープンは、2019年6月5日!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について