トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > いよいよ、川でアイススケート!?

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

いよいよ、川でアイススケート!?

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2019年1月21日

ここ数日、気温が−5度を下回る日が続きます。
日中は気温がぎりぎりプラスになるのですが、夜の気温がとっても低いので、この調子でいくと、ドナウ川支流のレーゲン川でアイススケートが出来そうです。


IMG_5034.jpg

普通、マイナス10度くらいの気温が1週間近く続くと、そろそろ川でアイススケートが出来るのです。
しかも、最近気温は低いのに日中太陽が出ます。そうなると、表面の滑らかな氷が出来ます。気温はせいぜい1度止まりなので氷の形成には問題ないはず。氷の厚さが10cmにもなれば、大丈夫です。


冒頭の写真は、2019年1月20日日曜日現在のもの。
ここは、水位がせいぜい15〜20cmの場所なので、すでに氷が張っています。まだ氷の下には水があり、体格のいい大人が歩くと、時々ヒビが入ったりします。


私達が氷の様子を見に来ている間にも、小さな子供連れのお父さんや若者数名がやって来ていました。
やんちゃな男の子がわざと氷を割っていったり。はい、我が子でした(苦笑)。でもここは端っこで、スケートをする人の邪魔にならない所ところです(汗)。

IMG_5033.jpg

この場所なら、数日後には、アイススケートが出来そうです。


天然の川でアイススケート。岸のすぐそばは氷が薄いことが多いので、気をつけてください。
アイススケートを持っていなくても、分厚いブーツでお散歩してもいいんです。


ドナウの支流、レーゲン川でのアイススケートの様子を2018年3月にご紹介しています。こちら をご覧ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > いよいよ、川でアイススケート!?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について