トップ > ヨーロッパ > チェコ > プラハ特派員 > かつて禁じられた緑の魔酒、アブサンの魅力

チェコチェコ/プラハ特派員ブログ

かつて禁じられた緑の魔酒、アブサンの魅力

カテゴリー:夜遊び・クラブ・お酒 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年6月26日


みなさんこんにちは!
プラハは連日猛暑が続いており、ビールが美味しい季節を迎えました。
やっぱりチェコに来たらビール、と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし今回紹介するのは、
ビールに勝るとも劣らないヨーロッパの魔酒、アブサンです。

今回は旧市街広場から徒歩3分、旧市街の賑わいの中佇む
"Green Devil's Absinth Bar & Shop"にお邪魔しました。
2007年に出来たプラハ初のアブサン専門店です。

アブサン1.jpg

Devilというだけあって入るのに少し勇気がいる外観ですが、
入り口の店員さんが優しく声をかけて下さいました。

アブサン2.jpg

入り口脇にはゴッホが。
海外ではゴッホやロートレックらに愛され、太宰治の『人間失格』にも登場するなど、
数々の芸術家らを魅了したお酒であることを示しているようです。

親しみやすい店員さんに案内され、中へ入ります。

アブサン3.jpg

店内も独特な雰囲気で、店員さん曰く
「似たり寄ったりな高級感を出さず、オリジナリティで勝負したい」
というポリシーがあるそうです。

アブサン4.jpg

階段を下って地下へ。
描かれている"緑の妖精"は、アブサンの別名でも知られています。
地下のお部屋は約800年前に出来たものらしく、壁面から歴史を感じることができます。

1杯ずつサービスして下さるとのことで、私たちも頂きました。

アブサン5.jpg

最もポピュラーな飲み方は、穴がいくつも空けられた"アブサンスプーン"を使います。
アブサンを入れたグラスの上にスプーンを掛け、その上に置いた角砂糖に
水を1滴ずつ注いでいきます。

グラスの中がゆっくり濁っていくさまがとても綺麗でした。

アブサン6.jpg

手前の白が度数30数%、奥の薄緑が約70%のもの。
どちらも自然な甘みで飲みやすかったです。
女性やアルコールに弱い方にも勧められるお酒です。

店員さんのオススメは、原液をゆっくり舐めるように飲むこと。
アブサン本来の味を楽しみたい方は、是非チャレンジしてみて下さい!

このお店ではこうした良質なアブサンを揃えており、
中には家族経営で生産されている、数少ない貴重なものも置いているそう。

ビール派だった私ですが、これから晩酌が楽しみになりそうです。

アブサン7.jpg

日本ではあまり馴染みのないアブサンですが、
是非日本の人々にも試してほしい!とのことでした。
プラハにお越しの際は、アブサンに気軽にトライしてみてはいかがでしょうか♪

Green Devil's Absinth Bar & Shopさん、ありがとうございました!

アブサン8.jpg



【Green Devil's Absinth Bar & Shop】
ウェブサイト: http://www.greendevils.cz
Facebook : https://www.facebook.com/greendevilsabsinth/
住所 : Týn 637/7 Praha1 11000
TEL : +420 728 326 344
営業時間 : 12:00〜25:00 無休

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

P.B.S creation

チェコ・プラハ特派員のP.B.S creationが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

月別記事一覧

特派員プロフィール

チェコチェコ/プラハ特派員
名前:P.B.S creation

P.B.S creation

Facebook
主にヨーロッパ(チェコ、中欧)を中心に通訳やコーディネイト、その他クリエイティブな事をお手伝いさせていただいております。
上記以外の様々なサポートも承っておりますので何か気になることがありましたら、お気軽にこちらへご連絡ください。

プラハ特派員トップにもどる

その他のチェコの特派員

プラハを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

プラハ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > チェコ > プラハ特派員 > かつて禁じられた緑の魔酒、アブサンの魅力

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について