トップ > 中南米 > ブラジル > ポルトアレグレ特派員 > 最後のご挨拶。ブラジル生活を振り返って

ブラジルブラジル/ポルトアレグレ特派員ブログ

最後のご挨拶。ブラジル生活を振り返って

カテゴリー:お知らせ / 生活・習慣・マナー 投稿日:2019年6月26日

Olá,tudo bem?


主人が他国に異動になりましたので、今回のblogがポルト・アレグレ特派員としての最後になります。


ポルト・アレグレ特派員をさせて頂いたきっかけは、ブラジル南部の情報が少なかったため自分で何か発信したいなと思ったことがきっかけでした。

毎月どんな記事を書こうかなと考える際、学校の先生や友達、色々な方に情報を頂いていました。
この特派員blogが私に周りと距離を縮めるきっかけを作ってくれたと今ではそう思います。


ブラジルに来た初めの頃は、日本との違いに驚くばかりでした。

英語が通じない
トイレにティッシュペーパー流せない
水道水飲めない(飲む方ももちろんいますが、私は合いませんでした)
日本食が簡単に手に入らない
塩分高め、ケーキも甘すぎる


などなど。。
書き出したらキリがないですが、違いを受け入れ(割り切って)出来る範囲でやってきました。


日本では家族や親や友達がいて、それが当たり前でしたが、海外では自分たち家族だけ。
友達は自分がどこかに出向いて、自分で見つけるしかありません。

割と人見知りしない私ですが、ポルトガル語をあまり話せず自信がなかったので初めの頃はなかなか積極的には話せませんでした。


娘が学校に通い始め、顔を合わせては少し話すママ友達が増え、主人の会社の方々、語学学校の先生、様々な方々に出会い、少しずつ楽しくなってきました。

旅行も色々連れて行ってもらいましたが、それ以上に私のブラジル生活でのモチベーションは「人」でした。

ブラジルの方々は本当に気さくで、フレンドリーなので、道を歩いているだけで声をかけて下さることがあります。

ブラジルでは、日本と同様、もしくはそれ以上に家族行事を大事にします。


誕生日、母の日、父の日など特別な日には親戚が一度に集まりお祝いをします。
遠くに住んでいてもその日は皆んなで集まることが大事なのです。

だからこそ家族の絆が深く、人を大切に出来るのかなと心温まる瞬間がいくつもありました。

ブラジルで学んだことを胸に刻み、また新たな国で新たな人々、環境を楽しみたいと思います。

わずかな期間ではありましたが、本当にありがとうございました!

Até mais!
Tchau!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Yumi

ブラジル・ポルトアレグレ特派員のYumiが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブラジルブラジル/ポルトアレグレ特派員
名前:Yumi

Yumi

2018年4月主人の転勤によりブラジル駐在。結婚前までは証券会社、地方銀行で勤務し、現在夫と今年2歳になる娘と3人暮らし。高校から社会人まで約10年間チアリーディング部に所属し、ワクワク&楽しいことを探すことが大好き。日本でも年に1~2回は沖縄に行くほど海が好きで、ダイビングライセンスも取得。週2のポルトガル語、週2英語、週1ヨガと子育てにも奮闘中★ DISQUS ID @disqus_u9T0Ou9gda

ポルトアレグレ特派員トップにもどる

その他のブラジルの特派員

ポルト アレグレを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポルトアレグレ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ブラジル > ポルトアレグレ特派員 > 最後のご挨拶。ブラジル生活を振り返って

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について