トップ > ヨーロッパ > ポルトガル > ポルト特派員 > コインブラ大学が世界遺産に登録されました

ポルトガルポルトガル/ポルト特派員ブログ

コインブラ大学が世界遺産に登録されました

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2013年6月23日

22日にカンボジアの首都、プノンペンで開かれたユネスコの世界遺産委員会にて、
日本の富士山が世界文化遺産として登録されましたね、おめでとうございます!


ポルトガルからはコインブラ大学が登録されました。
ということで、昨年10月にコインブラを訪れた時の写真をひっぱりだしてみました。


IMGP2545.JPG


写真は街を流れるモンデゴ川の対岸から撮ったものです。
コインブラはポルトに次ぐポルトガル第3の都市。丘の上の大学を中心にまちが広がっており、
人口に対する学生の比率が高いそうです。


コインブラ大学はポルトガルで1番古い大学で、1290年にリスボンで創立されたのち、1308年にコインブラに移転されました。
現在の大学は新しい部分と古い部分に分かれています。


525472_3333351672928_2053464487_n.jpg

Porta Férrea(鉄の門)前の地面のタイル細工が見事。


IMGP2552.JPG

鉄の門をくぐれば、そこは旧大学。新大学の方とは違う雰囲気になります。


IMGP2553.JPG

ラテン回廊と時計塔。時計塔は「カブラ」(ヤギ)と学生たちに呼ばれています。


527269_3333357753080_12961065_n.jpg

ラテン回廊では、かつてラテン語の使用が義務付けられていたとのことです。


このラテン回廊のある建物の中には、学位授与の儀式などに使われていた帽子の間や、
川とまちを一望できるベランダに入ることができます。写真撮影が禁止されているので残念ながら紹介できませんが、もともと宮廷の広間だったということもあり、言うなれば「ハリー・ポッターのような雰囲気の部屋でした。

この旧大学の建物は、今も一部学部の授業で使われている、現役の校舎です。
世界遺産の大学に通って勉強しているなんて、すてきですね。

407648_3333352872958_319464100_n.jpg

コインブラ大学の1番の見所は、このジョアニア図書館!


金泥細工という華麗な内部装飾や調度品に、30万冊の蔵書を誇る1724年に建てられた図書館です。
入った瞬間に感じる第一印象でため息がでてしまいます。
ここも写真撮影は禁止されているので、ぜひご自分の目で!

図書館の隣には大学の礼拝堂や博物館もあります。
旧大学の見学にはチケットが必要です。鉄の門手前の総合図書館にチケットオフィスがあるので、そこで購入します。チケットには学割も。

開館時間などの詳しい情報は大学のツアーHP(こちら )で確認してください。
今は8:30-19:00まで見学可能です。
3日前までに予約をしなければなりませんがガイドツアーもあります(週末はなし)。


378979_3333358073088_1973987030_n.jpg

こんなふうに、ポルトガルの大学生の伝統服を来た学生が案内してくれます。

この方はたまたま鉄の門の前にいた方ですが、日本語であいさつも覚えていた方でした。
日本人グループをガイドしたときに教えてもらったそうです。
ガイドの方とのそんな交流も楽しいですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ジェシカ

ポルトガル・旧ポルト特派員のジェシカが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ポルトガルポルトガル/旧ポルト特派員
名前:ジェシカ

ジェシカ

ポルト特派員トップにもどる

その他のポルトガルの特派員

ポルトを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポルト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ポルトガル > ポルト特派員 > コインブラ大学が世界遺産に登録されました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について