トップ > ヨーロッパ > ポルトガル > ポルト特派員 > 憧れのポウザーダで贅沢なひとときを...その1

ポルトガルポルトガル/ポルト特派員ブログ

憧れのポウザーダで贅沢なひとときを...その1

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2013年5月31日

ポウザーダ(Pousada)とは、全国に35か所(2013年5月現在)ある国営ホテルチェーンです。
歴史的建造物を保存、改装した宿泊先は、のんびりと滞在するのにぴったり。
ホテルもいいけれど、ちょっとグレードアップしたおしゃれな滞在もしてみたいときに、ポウザーダでの宿泊をおすすめします!


そういう私も学生なので、普段の旅行はホステルばかりです。
5月に母と姉が日本からポルトガルに来たので、せっかくだからととあるポウザーダを予約しました。


Pousada de Santa Marinha(ポウザーダ・デ・サンタ・マリーニャ)

夕暮れの.jpgのサムネール画像

「ここにポルトガル誕生す」のギマランイス歴史地区から約2kmのところにある、12世紀の修道院を改築した国内最大のポウザーダです。
元はポルトガル初代国王のアフォンソ・エンリケスの王妃の命によって建てられたもので、雰囲気がありました。
まち中心部のトウラル広場からタクシーで10分もかからずに着く小高い丘の上にあり、ギマランイスが一望できます。


ロビー.jpg

ロビーのようす。さすが国営ホテル、スタッフのサービスも一流で、心地よく過ごすことができました。


お部屋内部.jpg

私たちが泊まった部屋はこのような感じでした。
このポウザーダにはオールドタイプとモダンタイプがあるのですが、3人同室をお願いしたらモダンタイプでしかできないということで、この部屋になりました。
オールドタイプの部屋は天蓋付きベッドや石壁の浴室など、より歴史を感じさせる素敵なお部屋になっているので、予約の際にオールドタイプを指定するといいと思います。


中庭.jpg

ポルトガルは日がとても長くなり、日暮れは20時半を過ぎますので、夕方についても散策できます。
私たちもフロントで夕食を予約し、少し中庭をお散歩しました。


夕日.jpg

夕焼けが教会の鐘楼を輝かせます。


夕食は修道院の面影を感じる素敵なところで。


夕食会場.jpg


コース料理が数種類用意されていましたので、ポルトガルの母の日の前日ということもあり、母の日コースをいただきました。


パン.jpg

野菜スープ.jpg

おにく.jpg

お魚.jpg


前菜のパンの写真、手前のパンはブロアと言って、田舎風のポピュラーなパン。
とうもろこしの粉をたくさん使っていて、外は固く中はもっちり、ずっしりしたパンです。

スープは野菜スープ。ポルトガルのスープはハズレがなくて、とてもおいしいんです!

メインでは肉と魚があります。肉はとても重かったので、魚の方を私は気に入りました。

写真はありませんがデザートはバイキング状態で、ポルトガルの主に北部の伝統的なデザートが充実していました。
カステラのもとになったパォン・デ・ローもありましたよ!


食事の際は、さまざまな種類のポルトガルのワインもお忘れなく☆


お腹いっぱいになって満足し、翌朝もうちょっとポウザーダを散策しようということで、この日は早めにベッドに入りました。


次回はポウザーダのお庭散策です!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ジェシカ

ポルトガル・旧ポルト特派員のジェシカが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ポルトガルポルトガル/旧ポルト特派員
名前:ジェシカ

ジェシカ

ポルト特派員トップにもどる

その他のポルトガルの特派員

ポルトを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポルト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ポルトガル > ポルト特派員 > 憧れのポウザーダで贅沢なひとときを...その1

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について