トップ > ヨーロッパ > ポルトガル > ポルト特派員 > ポルトにあるポルトガル最古の美術館

ポルトガルポルトガル/ポルト特派員ブログ

ポルトにあるポルトガル最古の美術館

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2013年2月26日

国立美術館.jpg

Museu Nacional Soares dos Reis(ソアーレス・ドス・レイス国立美術館)は、赤色の外壁が目を引く美術館です。

中心部からは少し離れているので、市民の憩いの場であるJardim do Palácio de Cristal(クリスタル宮廷園)へのお散歩のついでか、市電18番で訪れるといいと思います。
市電の場合はHospital de Santo António で降りるとすぐです。

住所: Palácio dos Carrancas
Rua D. Manuel II
4250-342 Porto

火 14:00-18:00、水〜日 10:00-18:00
※毎週月曜日、元日、イースター休暇中の日曜日、5月1日、12月25日は休館日です

入館料: €5、学割€2、65歳以上€2.50、14歳以下無料

日曜・祝日は14:00まで入館料が無料です。
私は5分前にすべりこみました。無料のときでもチケットは発行してもらう必要があるので、カウンターに申し出てください。

内部は撮影禁止なので文章での紹介になります。
ポルトガルの現代美術や陶器などが展示されていますが、
日本のみなさんの目を引くのはきっと南蛮文化の展示でしょう。

ポルトガルは日本に到達したはじめてのヨーロッパの国で、日本の文化や言葉にも影響を与えました。
キリスト教を布教する宣教師の姿や日本人の姿が描かれたきらびやかな屏風が展示されていました。
ポルトガル語で屏風を意味するbiombo(ビオンブ)は、日本語のまさに「屏風」からきているんです!

もともと宮殿として使われていた建物の内装も豪華ですよ!

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ジェシカ

ポルトガル・旧ポルト特派員のジェシカが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ポルトガルポルトガル/旧ポルト特派員
名前:ジェシカ

ジェシカ

ポルト特派員トップにもどる

その他のポルトガルの特派員

ポルトを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポルト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ポルトガル > ポルト特派員 > ポルトにあるポルトガル最古の美術館

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について