トップ > 北米 > アメリカ > ポートランド特派員 > キッズ&ドッグフレンドリーなワイナリー「Stoller」

アメリカアメリカ/ポートランド特派員ブログ

キッズ&ドッグフレンドリーなワイナリー「Stoller」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年9月13日

地球の歩き方読者のみなさま、こんにちは。ポートランド在住の東リカです。
ポートランド近郊にはたくさん素敵なワイナリーがありますが、今回紹介するのは、ワインが美味しいのはもちろん、大勢でのピクニックにもぴったりの「Stoller Family Estate」です。

IMG_0302.jpg

「Stoller Family Estate」があるのは、オレゴン州デイトン。ポートランドから南西に、ワインカントリーのニューバーグ、ダンディーを越えた先。車で1時間弱です。

IMG_0301.jpg

広い敷地内には、ビンヤード、テイスティングルーム、ゲストハウスなどがあります。私たちが訪れたレイバーデイの祝日は、驚くほど大勢の人出でした。それでも芝生エリアに、ピクニックテーブルが10ほど並ぶ巨大なキャノピーと贅沢仕様の仮設トイレトレーラーなどが準備されており、大人6人、子供4人、犬2匹という大きなグループでも快適に過ごせました。

IMG_0309.jpg

遊具と呼べるものは、タイヤスイング1つだけなのですが、広ーい広場があるので、バドミントン、フリスビー、ボールなど準備さえしていけば、子供たちもかなりの時間遊べます。ちなみにこのタイヤスイングはなかなかの写真撮影スポットです。

また、犬もリードを付けていれば、屋外のどこでも同伴可能だと聞いていましたが、広場の奥の方に行くとリードを外した犬も多くて、犬同士でもかなり遊んでいました。

IMG_0300.jpg

テイスティングルームも素敵で、ここでは美味しいワインのテイスティングや購入、簡単な食事も楽しめます。パティオや芝生エリアへは、外部からのフードの持ち込みもOKです。

今、サイトを見たのですが、USAトゥデイの読者投票(USA Today 10 Best Reader's Choice Poll)で全米ベストテイスティングルームに選ばれているんですね!

Labor Day Weekend 2019 013.jpg (Photo by Wayne Kingsbury)


フライト(テイスティングセット)は$20ですが、ワインを2本買えば無料になります。
今回はピクニック用にセールになってたピノ・ノワールのロゼをたくさん買ったので、みんなでテイスティングもしました。シャルドネ、ピノ・ノワールも美味しいですが、私が一番好きなのは、やっぱりここのピノ・ノワールのロゼかもしれません。

とても気持ちのいい場所なので、晴れた日にぜひ出かけてみてくださいね。

Stoller Family Estate
16161 NE McDougall Rd, Dayton, OR 97114
(503) 864-3404
テイスティングルーム営業時間:月曜から日曜日の11 am to 5 pm

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

東リカ

アメリカ・ポートランド特派員の東リカが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ポートランド特派員
名前:東リカ

東リカ

オレゴン州ポートランド在住のフリーライター。オレゴン大学への交換留学をきっかけに縁ができ、東京、ブラジル3都市での生活を経て、2014年末より家族でポートランドへ移住。 現在はフリーライターとして現地情報を日本メディアに提供している。得意分野は、カルチャー、ライフスタイル、フード&ドリンク、旅行、アートなど。個人ブログ「ポートランド日誌」に取材こぼれ話なども掲載中。ご連絡はブログのお問い合わせフォームからお願いします。
ブログリンク先:https://rhportland.blogspot.com/ DISQUS ID @disqus_RVm6X35Hh9

ポートランド特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ポートランド(オレゴン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポートランド特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ポートランド特派員 > キッズ&ドッグフレンドリーなワイナリー「Stoller」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について