トップ > 北米 > アメリカ > ポートランド特派員 > ボトルのリサイクルでエコに貢献

アメリカアメリカ/ポートランド特派員ブログ

ボトルのリサイクルでエコに貢献

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2017年3月27日

アメリカでペットボトルや、瓶、缶に入った飲み物を買うと、
こんな表示があるものがあります↓

recycle 1.JPG

私たちは買う時にこのボトル代も払っていて、ボトルを返却すればその分のお金が戻ってくるというシステムなんです。
この写真のペットボトルの場合は、ボトルを返却したら、ORオレゴン州では5セント戻ってくるということ。


 


ここで皆様に朗報です。


今年の4月1日から、戻ってくるのが10セントになるそうですよ!たとえ5C の表示があっても10C戻るという話しです。


気になるボトルの返却の方法は~

スーパーに行くと、ボトルリサイクル機があるところがあります。
こちらは庶民派スーパーのフレッドマイヤーのリサイクル機。

recycle 2.JPG


この機械の穴に、ボトルを入れていきます。

recycle 3.PNG

すると、穴が閉まり、むしゃむしゃとボトルをつぶしているような音がして、リサイクル完了。
たまに、受け付けてくれないものもあり、そのようなものは、右下の穴から出てきます。


全部穴に入れ終わったら、右の赤いボタンを押すとレシートが出てきます。

recycle 4.jpg

今回は10本入れたので、50セント戻ってくるということになります。
このレシートを店内のレジに持って行ってお金に変えてもらえます。買い物に使ってもOKです。


今回はこの機械を使いましたが、これ、よく詰まったり戻ってきたりするので、私は普段はあまりつかわないんです。


だいたいトレーダージョーズというスーパーに持って行って、係りの人に渡します。

recycle 5.jpg

トレーダージョーズのカスタマー・サービスのカウンターに持って行くと、
何本?と本数を聞かれるので、ペットボトル(plastic bottle)が何本、缶(can)が何本、瓶(glass bottle)が何本、と自己申請するだけで、現金をくれるので簡単です。


旅行中でも、空き瓶、空き缶の処理に困ったら、リサイクルしてみてくださいね~。


Fred Meyer Stadium
100 NW 20th Pl, Portland OR
最寄りのバス停 バス15番、20番、W Burnside & 20th


Trader Joe's
2122 NW Glisan St, Portland OR
最寄りのバス停 バス15番、20番、W Burnside &21stから約徒歩5分


上記以外にも、受け付けてくれる場所はありますので、滞在先のお近くのスーパーでボトルのリサイクルができるか聞いてみると良いと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

新開 純子

アメリカ・旧ポートランド特派員の新開 純子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/旧ポートランド特派員
名前:新開 純子

新開 純子

DISQUS ID @disqus_XUSWaKCq1y

ポートランド特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ポートランド(オレゴン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポートランド特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ポートランド特派員 > ボトルのリサイクルでエコに貢献

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について