トップ > 中南米 > トリニダード・トバゴ > ポートオブスペイン特派員 > スティールパンの作り方

トリニダード・トバゴトリニダード・トバゴ/ポートオブスペイン特派員ブログ

スティールパンの作り方

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年10月 6日

あまり知られておりませんが、ポートオブスペインのクルーズシップの港の入り口には、
「スティールパンの作り方」を紹介するコーナーがあります。

ドラム缶からスティールパンという楽器ができるまで、
ビフォー・アフターの実物、そしてそれに使用する道具の展示。
壁には実際の作り方を説明してくれています。

スティールパンの工場は街中の徒歩圏内にはないので、
ちょっと見に行くにはいいですね。

場所は、Hyatt Regency Trinidadの向かって左隣りの、
クルーズシップの乗り入れするコンプレックスの中にあります。
建物の入り口のセキュリティゲートを通ってすぐです。

10月〜4月までのクルーズのシーズンには、コンプレックスの外・中で
民芸品やスティールパンのCDなどのお土産ブースが出ます。
カーニバルの時期は、メイン会場のサバンナ公園に観光ビレッジ作られてるので
お土産探しもあまり困りませんが、
それ以外の時は、お土産屋さんが街中に少ないので結構役立ちます。


2016-09-29 20.04.15.jpg

2016-09-29 20.04.07.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

森本 英代

トリニダード・トバゴ・ポートオブスペイン特派員の森本 英代が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

トリニダード・トバゴトリニダード・トバゴ/ポートオブスペイン特派員
名前:森本 英代

森本 英代

2006年に友達に騙されたつもりで行ってみて、と足を運んだカーニバルに衝撃を受け「この国には生きた音楽がある!」と、毎年通い続けるように。帰国後すぐにトリニダード・トバゴを紹介するサイトLove Trinidad & Tobagoを立ち上げ、2009年に移住。現在は、現地で旅行ガイドやテレビや雑誌などのメディアコーディネイター、トリニダード・トバゴ関連のライターや両国の貿易をサポートするなど幅広く活動中。 DISQUS ID @disqus_v5KD2jIuMD

ポートオブスペイン特派員トップにもどる

ポートオブスペインを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポートオブスペイン特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > トリニダード・トバゴ > ポートオブスペイン特派員 > スティールパンの作り方

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について