トップ > 中南米 > トリニダード・トバゴ > ポートオブスペイン特派員 > 赤い鳥スカーレットアイビス、シーズン到来

トリニダード・トバゴトリニダード・トバゴ/ポートオブスペイン特派員ブログ

赤い鳥スカーレットアイビス、シーズン到来

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 投稿日:2016年9月15日

先週は2回、撮影でカロニースワンプという湿地帯に行っていました。
ここは、国鳥の赤い鳥、スカーレットアイビスの生息地であり、
ポートオブスペインから車で20分くらいのところです。

ボート乗り場に着いたら早速虫除けスプレーを振りまくって乗船。
約60キロ平方メートルのマングローブ林のジャングルクルーズのスタート。


jungle cruise


途中でいろんな動物に遭遇します。
今週は、2回ともヘビとケイマンワニに遭遇しました。
運がいいと世界最小のアリクイ・姫アリクイ、キツツキ、フクロウ、夜鷹、こうもりなどにも出会える動物パラダイス。

ポートオブスペインの喧騒から一気にジャングルの中へとトリップして、心が洗われるよう。


カロニー湿地帯.jpg

湿地帯の湖の部分へ出てスカーレットアイビスが帰ってくるのを待ってるところ。

2015-03-20 17.44.20Sep 14 2016.jpg


しばらくすると東西南北あらゆる方向からスカーレットアイビスが寝床へ帰ってきます。
鮮やかな真紅の群れは、今まで数え切れないほど見てるけど、
いつ見ても感動的です。

scarlet ibis


トリニダードではスカーレットアイビスが年中365日毎日見られますが、
4月〜10月にかけて産卵期には、ピーク時のような数千羽の群れは見られません。
産卵期の間は各自で巣を作ってそこで眠りますが、
それ以外の時は、湿地帯に住む約2万羽のアイビスが4つの小島を寝床にしています。
そろそろ産卵・子育てが終わる時期で、9月初旬ですが結構な群れが小島に帰ってきていました。
今年の春から、なんとフラミンゴまで現れ、ネイチャーガイド曰く、湿地帯の中に巣を作っている様子だとか。
まだ私はフラミンゴに出会えていない。。。
お客様の山本さんがツアーに参加した時に撮影した写真、こちら。素晴らしい。いつかこの光景も自分の目で見てみたい。

DSC_0285 (2)Sep 14 2016.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

森本 英代

トリニダード・トバゴ・ポートオブスペイン特派員の森本 英代が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

トリニダード・トバゴトリニダード・トバゴ/ポートオブスペイン特派員
名前:森本 英代

森本 英代

2006年に友達に騙されたつもりで行ってみて、と足を運んだカーニバルに衝撃を受け「この国には生きた音楽がある!」と、毎年通い続けるように。帰国後すぐにトリニダード・トバゴを紹介するサイトLove Trinidad & Tobagoを立ち上げ、2009年に移住。現在は、現地で旅行ガイドやテレビや雑誌などのメディアコーディネイター、トリニダード・トバゴ関連のライターや両国の貿易をサポートするなど幅広く活動中。 DISQUS ID @disqus_v5KD2jIuMD

ポートオブスペイン特派員トップにもどる

ポートオブスペインを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポートオブスペイン特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > トリニダード・トバゴ > ポートオブスペイン特派員 > 赤い鳥スカーレットアイビス、シーズン到来

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について